5日までいなくなります。

2007年03月31日 23:38

明日1日から5日まで更新停止です。
コメント&TBも承認できないと思います、スマソ~m(_ _)m

こんな予定。
1日
千葉→西宮(三ノ宮泊)
千葉から鈍行で関西方面、夙川のさくら祭とハルヒで出てきたキョンの通学路散策。
2日
三ノ宮→尾道(泊)
尾道恒例来福神社詣で&千光寺等の桜見物。
3日
尾道→広島(泊)
尾道散策後、広島へ移動し、広島カープ市民球場開幕戦観戦!
4日
広島(泊)
広島市内の桜の名所散策と連日のカープ戦観戦!
5日
広島→京都→千葉
早めに広島を発ち京都へ、桜見物の後、新幹線東京経由で夜帰宅予定。

こんなカンジで行ってきます。
探さないでください。
誰も探しませんね。
桜が良い具合に咲いてくれるといいんですけどね~
ゆりえ様お願いします~
あ、来福神社ではカープ優勝祈願と前田様の健康祈願とベサメ次回作が素晴らしいものになりますように祈願をしてこよう。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



カープ惜敗

2007年03月31日 23:33

残念ながら中継ぎが崩れての敗戦。

仕事の関係で途中までしか見られませんでしたが、青木高は良い投球をしていましたね。
内外をいっぱいにつかって、とくに内角をつく度胸とコントロールは素晴らしいものがありました。
金本に打たれたホームランは配球ミスだと思います。
たまに倉は頑固すぎるくらいに内角を連続をして痛打されるような気がしますね…
まぁ、金本だし、しょうがないという気もしますが…
(打たれると一番気分が悪い相手でもあるけど…)
マズイのは宮崎と佐竹ですね。
開幕前はあれだけ信頼度の高かった中継ぎ陣が連日不安を覗かせてしまいました…
やっぱり四球はよくないですね…
開幕初登板からくる緊張とかならまだマシなんですけど…今後も四球で崩れるようなら…
まだまだ始まったばかり、信じたいところです。

打線は昨日ほどはつながりませんでしたが、新井さんがやっぱり頼れるところを見せてくれましたね。
先制HRも右方向へ逆らわずに上手くすくい上げた素晴らしいHRでしたし、2点目の犠飛もここは確実にっていうところで外野に飛ばしてくれましたね。

それにしても、ビックリだったのは前田様の登録即スタメンですよ!
やはり2点目をお膳立てした右前ヒットはさすがの一打でしたね。
あの前田様の一打で新井が奮起して得点に繋がることはまず疑いませんでしたね。
3番前田、4番新井、凄いイイ打順になっていると思いますね!
後は5番の嶋or栗原がピリっとしてくれば新井さんもさらに凄いことになるんじゃないですかね!
あと、今日は緒方が2併殺&1OUT満塁で打ち上げてしまったりとイイトコロナシでしたね…
力まずにやってくださいよー

さて、明日も旅行で観戦できず…
まぁそれも市民開幕戦のための試練ですから仕方なし。
選手一丸となって開幕シリーズを勝ち越してくれることを信じます。
広い球場で長谷川が素晴らしい投球をしてくれるはずですよね!

とうわけで行ってきます~

今夜のコードギアス 23話

2007年03月31日 04:14

ん~…泥沼ですねぇ…('A`)
しかもこれで夏まで待てっていうのかぁぁ…orz

人の死をなにかに利用するというのは、まぁよくあるようなネタなんですが、なんていうかやっぱりドギツイですねぇ…
ユフィは天然で楽観的な人で、場合によってはハナにつく面もあるんですけど、基本的には良い人だし…
ルルのボケミスから無念の死を遂げて、さらに自らの意とは異なるカタチで日本人からは極悪人扱いをされて…
しかも、それをルルが積極的に使ったというのがやっぱりキツイですわ…
自分の本意ではないかもしれないが、ソコを強引に割り切ってユフィの死をブリタニア崩壊へのネタにする…
ルルはまさに悪魔に魂を売り渡したような状況ですね…
根幹にあるべきナナリーが幸せに過ごせる場所とかって方向とはもうまったく異なる方向に進んじゃってるカンジで、どこを見ても憎しみが渦巻いていて痛々しいばかりです('A`)
修羅の道とかってなんかソンなドロドロしたイメージでもないけどもう地獄への一本道ですよね。
修羅道=阿修羅道…争いや怒りの絶えない世界、だって…怖いよぅ(つДT)
ヌゥさんは一人のところを襲撃されちゃってるしさ…
なんですかこれは…同人ネタですか?('A`)

何とか癒されたのはC.C.様が凹みまくるルルに対して母性を見せるシーンかなぁ…
やっぱC.C.様×ルルのカップリングはイイなぁ…
で、今週も微妙にルルのことを思い出しつつあるシャーリーとかもちょっと和ませてくれました…
あとはオレンジ君の登場がちょっとだけ笑いを提供してくれたこととか…
あと、カグヤ(漢字めんどくせ)は今までは違和感感じなかったんですけど、軽い感じでペラペラ喋るといかにもなこおろぎ風でちょっと違和感を覚えました…
っていうか、今日のこの泥沼のどん底状態で脳天気にベラベラ喋ってると「空気読め」としか言えないじゃないか^^;

あぁぁぁぁぁ…
やっぱこのまま夏まで放置ってヤヴァイですよぉぉぉぉぉ…
ヒドイ放置プレイですよ!
谷口氏はもうドSですよ!!
鬼です!悪魔です!!
そうか、コンなドギツイ話の展開をさせられる谷口氏がルルのモデルに違いない!

なんかもう4時過ぎてて脳味噌働きません。

開幕戦快勝!!!

2007年03月31日 03:32

昨日の前夜の冷静さとはうって変わって、今夜は興奮の一夜です!!!
やっぱり開幕での勝利というのは、シーズンの一試合とはいえ格別の味わいですね!

黒田が抑えて、打撃陣がじわじわと加点する!
先制、中押し、ダメ押し…それぞれに味のある得点でしたね。
しかも出場した野手陣は全員安打ですよ!
廣瀬は名誉の負傷をしてしまいましたが、それ以外は最高のスタートとなったと言って良いのではないでしょうか^^
得点にからまない部分でのヒットという選手もいるのはいますが、それでも一本打っておくということは重要ですよね。
まだ出ないまだ出ないと悩むこともないわけですから、開幕からいきなり不調という選手は少なくなってくれるんじゃないですかね。

打撃陣で取り上げるべきはやはり倉でしょう。
なんといっても首位打者ですからw
本当に良くボールに食らいついていましたね。
6回のタイムリー、3回、8回の繋ぎのヒット。
いろいろな刺激を受けて粘りが出て、それがいい結果に繋がったんじゃないですかね。
これからも粘って粘って甘い球を待ってソレにくらいつくような、そんな打撃をしてほしいですね。
そして廣瀬の華麗なスライディングも良かったし(足は遅いけど^^;)、負傷した廣瀬に代わって出場の尾形も素晴らしい活躍を見せましたね。
上位だけでなく下位でも得点できるという去年にはなかったカープの新しい攻撃を見せることができたと思います。

黒田は気合の篭った力のある球でほぼ完璧な投球をしましたね。
しかし、手術のことや投げ込みの少なさもあってか、去年までに見せた無尽蔵のスタミナはまだ完全に戻ってはいないように思えました。
6回7回はギリギリの投球でしたね。
まぁ、徐々にスタミナも戻ってくるとは思うのでそれほど心配はしていませんが。
河内は悪いクセが出てしまいましたね^^;
キッチリ修正して次回登板に備えてほしいです。
上野登板はビックリしました…かなり厳しい場面でしたからね。
しかし、それが上野への期待の現われなんだと思います。
厳しい場面で結局四球ひとつで降板となってしまいましたが、まだ底は見せていないので今後も力強い球を見せてほしいところです。
そして圧巻は永川ですね。
一昨年あたいまでだったら1死満塁で永川が出てきたらまぁ最低1失点だろうなぁと覚悟しなけりゃならなかったところですw
しかし、スキを見せることなく完全なる火消しに成功!
イニングをまたいだ9回も3人でピシャリ!
完全に頼れる守護神に成長したというところを印象付けてくれました!
今年は最優秀救援投手も夢じゃない!

開幕戦勝利、全員野球で本当に良い試合でした!
まさにALL-IN!でしたね!

開幕前夜

2007年03月30日 02:54

まぁ、一軍発表同様、これも皆が書かれていることなんですがw
wktkな人が多いようですが、私はわりと落ち着いてます。

むしろ既に心は広島かw
明日は休みなので、試合は見られると思うのですが、旅行の仕度がまだできていないぃぃ^^;
マエコレ引換券と当日入場券とか、帰りの新幹線の切符とか諸々…
忘れないようにしないとなぁ…
荷物は多くできないので用意する服の選択が難しい…
1~2日は雨が降るらしいので~とかイロイロ…

あさっては仕事。さらに仕事から帰ったら夕食もそこそこに早く寝なきゃならんので、全て明日やらねば…
あぁもう試合のことよりこっちのほうで落ち着かなくなってきた…

とりあえず日記もそこそこに今日はさっさと寝よう。

エマ 8巻 超オススメ! 続き!

2007年03月30日 01:52

昨日に続いてエマ8巻の感想!
昨日書いたケリーさんとダグのエピソードの感想はこっち!
http://hekiunderseven.blog92.fc2.com/blog-entry-119.html

今日はまずこの巻の最後のエピソードのターシャ!
ターシャの一日限りの帰省の話。
っていうかさすがターシャ!一晩で何度もヘマをして家族からも呆れられて(というかそれが日常茶飯事w)て、弟や妹からもナメられて呼び捨てなあたりがターシャらしいw
それにしても、家族全員仲が良くて、食卓の風景とかもにぎやかで微笑ましい^^
男四人、女二人の6人兄弟のようですが(ターシャは第二子、長男が長子のよう)、それぞれの一番下、四男と次女が微妙に生意気な年頃で可愛らしいですね^^
四男ネッドは反抗期みたいなぶっきらぼうさがあるんだけど、自分でニワトリを飼ってちゃんと世話をして卵を売ってお金を貯めるというしっかりもの。(ちょっとアーサーに似てるかもw)
次女ナンシー(多分末っ子)もいかにもその年齢らしいおませさんで、寝る前に手鏡とブラシで入念に髪をとかし「女優になる!」と言うような明るい子、ちゃんと皿洗いの手伝いもしてるしね^^
末っ子がやってる皿洗いすらまともにできないターシャなんですがw
次男三男も既に働きに出たりしていて、将来の展望なども描いてるしっかりものばかりで、一家全員しっかりものなのに、ターシャが顔を出す先々でちょっとした騒ぎを起こして困らせるんだけど、でも誰も嫌な顔はしないんですよね。
ターシャが行くとこ行くとこ笑顔が溢れてる^^
バリバリのドジっ娘なんだけど、周りの雰囲気をぱぁっと明るくできる良い子なんですねぇ(*´Д`)
最後にメルダース家に戻って、ちょっとだけ頼られることに大きな喜びを感じているターシャがナイスですね^^
でも、最後のコマで「「(頼りに)してないよ」」とハモられてるあたりもらしくてイイw
ナイスオチw

「The Times」は新聞というモノを小道具にして、本編で出てきたサブキャラのその後をさらりと描いてますね。
一応重要な役割のキャラが多かったと思うんですけども、「あれ?このキャラどこで出てきたんだっけ?」っていうくらい微妙なポジションのキャラが多かったりw
まぁコレをきっかけにもう一度本編を読んでみるかw

「ブライトンの海」はウィルと破談になってしまったエレノアのその後。
どのくらい経ってるんでしょうかね…序盤はまだ失恋を引きずって暗めの表情が多いのが痛々しい(つД`)
でも、そんな状況にあって、海に入ったときのコマなど、少しだけ顔をほころばせるような、軟らかい表情も見せてくれて、本編のまだ少女らしい明るい笑顔とはまた違った魅力も垣間見せてくれてますね。
で、バカンスの海で、またイイ男が現れるんですね^^
それがアーネスト。
どこかウィルに似ていて、いつも紳士的で、でもウィルよりもちょっとだけ自信家で積極的なところがあるんでしょうかね。
でも、そういう少しだけ強引なところが、沈んだエレノアのこころを徐々に浮かび上がらせていく過程が心地良いですね^^
侍女のアニー(いいお姉さん^^)や、二人の実姉などのフォローもあって、乗馬デートなどもして、少しづつ解けていくエレノアのこころと表情が良いですね~^^
そして新たな恋のはじまり…
最後には可愛らしい少女の笑顔でなく、もう大人の女性らしい落ち着いた微笑みを見せてくれて、ひとつ大きな苦難を乗り越えたんだなぁとしみじみ思えてホロリとさせてくれましたね(つД`)

それにしても…相変わらずエレノア命のモニカ姉さんが、エレノア萌え萌えでイイ味出してますねw


というわけで、全部読み終わりました…
あ、エマは森氏によるあとがきもポイントですね!
相変わらず己の欲望に忠実な森さんで、非常にイイィ!
滂沱して「だって描きたかったんだもーん」とかねw
「そこが大事なんです!」も名言w
あと、眼鏡のメイドさんの絵もイイィィ
いやぁ、本当に一冊でこれだけおなかいっぱいになれるんだっていう、素晴らしい漫画ですね!

エマ、本編から全部オススメ!
メイド観が変わること請け合い!

一軍登録発表しましたね。

2007年03月29日 02:22

まぁ、やはりどこへ行ってもこの話題で持ちきりなんでしょうがw
なんで尾形は内野手登録なんだろうw

野手は予想通りでしたね。
内野のメインは鉄板、サブは高明と大須賀。
守備要員の高明と代打要因の大須賀っていうカンジですね。
外野は緒方と嶋で左右、廣瀬、尾形、森笠がセンター争いで、ここの起用は調子や相手投手の左右の関係でいろいろな組み合わせになりそうですね。
天谷と山田はとりあえずは代走や守備固め要因でしょう。
山田はオープン戦だったか紅白戦だったかですごい強肩っぷりを見せてたはず。
ただ、前田様と中東が上がってくると……
野手は現状、一軍と二軍の壁が大きいと思います。
厳しいでしょうが二軍の選手も一軍の選手を上回る気合いで上を目指してほしいですね。

投手は予想外ってわけでもないんだけど、広池じゃなくて河内が入ってて、河内信頼度上がったなぁと感慨深げ。
でも、油断してたらまた入れ替えられてしまうので登板機会はいつも勝負ですね。
左の先発は齊藤に入ってほしかったんですけど、やっぱり左の先発は青木高が射止めましたね。
まぁ、だいたい予想通りなんですけど、新人3人とフェルナンデスあたりも成績によってはすぐに入れ替えられてしまうので、常に緊張感を持って臨んでほしいですね。
先発だと、マエケンや齊藤、大島あたり、中継ぎだと今回落とされた広池や小山田なども虎視眈々と上を狙ってますからね。
しかし、佐々岡がすぐに上がるんだけど、誰が落とされるんだ…
先発の誰かが登板毎に登録したり抹消したりの上げ下げがあるんですかねー

武装錬金終わっちゃった(つД`)

2007年03月29日 01:56

最後のエンディングでの寸劇みたいのがなんか微笑ましかったですねぇ…
そら触りたいですよ!触りたくなるのが人情ですよ!

再会シーンでは、ブラボーの武装錬金に身を包んだ斗貴子さんの帽子が脱げるシーンでほろほろ来ましたわ(つД`)
でも、その次のまっぱで抱き合う(イメージなんですけど)シーンはちょっと恥ずかしいシーンでしたw
でもこの二人ならアリ、なんでもアリ、ALLOKですよ!
もっと二人がイチャつくシーンが見たかったですよ!!

しかし、「パピヨンの人気に嫉妬」ですよ、もう。
嫌いじゃないし、むしろどっちかといえば好感度のあるほうですが、パピヨンが目立ちすぎて二人のラブラブっぷりが霞むじゃないか!w
まぁ、仕方ないか…一応最大の強敵(ライバル=とも)という位置づけですしねー
ビクターも結局イイ奴ってことで、ホムンクル帝国の王になっちゃったりして…なんていうか…
大団円ですよねっ!
やっぱハッピーエンドが一番よ!!

それにしても、武装錬金は、最初まったく期待してなかったのに、本当に10月からの半年、楽しませてもらいましたわ。
多くのアニメを見て、期待はずれの作品や駄作もいっぱいあるけど、こういう思いもよらない良い作品に出会えるからアニオタはやめらんないですね!
スタッフ一同お疲れ様!
ネギま!のときもジーベックはこれくらいやってくれれば良かったのにね!!!

あと、やっぱりタコさんウインナーちゃんは萌えキャラだったね!
最後に顔がちょこっと出ただけだなんてもったいねーなぁ!

エマ 8巻 超オススメ!

2007年03月28日 23:24

仕事帰りに本屋に立ち寄ったらエマ8巻があったので即買い!
で、夕食後に読み始めたわけですが…

ケリーせんせぇぇぇ~~~い!!!!!!
の新婚の頃の話ですよ!!!!!
本編ではお歳を召されながらも凛とした態度が素敵な女性でしたが、若い頃はさらにイイィィィィィ!!!

普段はクールに家事をこなし、夫であるダグを支える良妻。
普段は無表情でそっけない態度なんですけれども、たまにフとした瞬間に表情が崩れて笑顔だったりちょっと怒ったような表情だったりに変わるその瞬間がまた可愛らしいというか美しいというか、素敵なわけですよ~

で、貧乏暮らしながらも、一生に一度の大イベント、万国博覧会に夫婦そろって切り詰めたりをしながらやっとのことで訪れることになるんですが、会場での穏やかな充実感に満ちたケリーさんの表情がたまらなく良いんです(*´Д`)
で、最後にステンドグラスの展示を発見して、それを見ようとするケリーさんは珍しくも靴音を高らかに上げてしまうほど浮かれて(ソンなに浮いてるようには見えないんですど、ケリー先生がこんなに靴音を高らかに上げるような淑女らしからぬ行為をするのは相当浮かれているのですw)ステンドグラスの展示を見ようとするケリーさんが可愛らしくて、それとともに、本編のことなど、いろいろ思い出されて嬉しいんだけどちょっと寂しげな思いもよぎってほろりとしましたわ(つД`)

ホント、良い表情ばかりで改めて惚れ直しましたね(*´Д`)
このケリーさんの素敵な表情を引き出しているのが夫であるダグの存在ですね。
彼は非常に天真爛漫な性格で、クールなケリーさんとは正反対の人なんですけど、本当にケリーさんを愛してるんですね。
それがいろんなシーンから伝わってきます^^
ケリーさんも自分にはない天真爛漫な性格に惹かれたんじゃないかと思います。
すごいナイスカップルです。

二人して密かにお金を貯めて、博覧会に行けることになったダグが喜んでケリーさんにキスをするシーンのケリーさんの驚いた表情、goodですね!
穏やかに充実感に浸るケリーさんのほっぺをムニっとするダグ…
そのダグに、ちょっと拗ねたような表情を向けるケリーさん…
んー、タマラン!

エマ8巻、まだ1~2話しか読んでないですけど、とりあえずケリーさんの素晴らしさに感想を書きたくなっちゃいました^^
ちなみに、4月からアニメ第二幕、始まりますよ^^
ビームコミックス エマ 8巻(通常版) ビームコミックス エマ 8巻(通常版)
森 薫 (2007/03/26)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る
[ 続きを読む ]

前田様開幕一軍じゃないの?orz

2007年03月28日 02:45

開幕シリーズ、前田様は帯同のみで一軍登録ナシって…
理由はわかっていても納得できない部分も…
っていうか市民ではせめてベンチに入れてくださいよ。
カープファンが待ってるんですから。
いや、じっくり治してほしいという気持ちはもちろんありますよ。
みんなそう思っていると思いますよ。
でも球場に来ているファンは出る出ないにかかわらずベンチに座ってるだけでも全然ワクワク感が違うと思うんですよぉぉぉ
相反するこの気持ち…
せめて代打の一打席でもいい、チャンスで前田様が出てくるかも!っていう期待感だけで全然違うんですけどねー

ゆりえさまー、前田様の足を治してくださいぃぃー人ー
あーそうだ、尾道でしっかり神頼みして行こう…

石原復帰でひと安心

2007年03月27日 03:04

ふくらはぎを痛めて離脱していた石原が戻ってきて開幕一軍で行けるようですね。
中東が離脱して主力級が倉一人になってしまい、ケガもできない(したくてするわけじゃないけど)ような状況では思い切ったプレイができなくなる可能性もありましたから、やはり石原の復帰はありがたいです。
お互いに刺激しあってさらにもう一つ成長して欲しいところですね。

前田様も練習に復帰したようですね。
やはり開幕1軍にこだわっているようですね。
出るか出ないかはともかくとして、1軍登録は不動でしょう。
前田様がベンチにいるといないとでは見に行くファンの期待も違いますし、それに相手チームに与えるプレッシャーも違いますからね。
ムリをして再発させないようにして欲しいというのは皆が思っていることですが、優勝への執念をチーム全員で燃え上がらせるためにはやはり前田様がベンチにいるということは欠かせないことだと思いますね。

幸いここ2~3日で一気に暖かくなってきて、体にも負担が少なくなってきましたね^^
あと三日、順調にいって開幕一軍、そして市民開幕では元気に打席に立つ姿を拝みたいものです。

佐々岡はこんな時期に風邪をひいてしまったそうですね…
長引きませんようにー人ー

オープン戦最終戦

2007年03月26日 03:32

とりあえず、打線はお寒いカンジで締めてしまったようですが、まぁそれもご愛嬌ということでw
打線に関しては、日による部分もあるので今日は仕方なしということでオシマイ。

で、本題は投手陣。
なんと言っても大竹に目処がついたというのが一番の収穫ですよね。
5回67球2安打2四球1失点と、記録に出る成績面でもまず合格点、さらに記録に残らない投球では低めをしっかり意識して投げられた様子で、さらにもうひと安心ですね^^

フェルナンデスと宮崎は相変わらず不安を残してしまいましたが…
社会人ルーキー三人は一軍での開幕をブラウンが名言しましたね。
今は不安定な宮崎ですが、やっぱり彼に期待するものは大きいので、年齢が高いからということに関わらずまだまだ成長を見せて、先発をもぎ取るくらいの意欲で今後やっていって欲しいですね。
フェルナンデスも良し悪しがありますが、一軍の選手として出る以上、応援していくので、ファンの期待に応えるようなパフォーマンスを見せてくれることを願います。
っていうか、一度は球場で、しかも内野で見たいピッチャーだよなw

で、宮崎が招いた1OUT満塁のピンチを本気の継投、河内→林とつないでキッチリ火消し、中継ぎ陣SUGEEEEEE!というところを見せて、今季のカープ中継ぎ陣の充実さは異常!ってなカンジ。
さらに永川はジェノサイドモード発動で9球で三凡、仕上がり上々といって良いみたいですね。

オープン戦はこれにて終了。
2試合目から5連勝して5勝1敗となった時期は浮かれまくりましたが、その後は1勝6敗1分として、結局全体で6勝7敗1分と、いまひとつなせ遺跡になってしまいましたが、なにオープン戦ですから。
公式戦になったらバリバリ良いところを見せてくれると信じています。

もう26日なので、開幕まであと四日!
ワクワクテカテカしまくりの4日間になりそうです^^

というわけで今年もALL-IN!
[ 続きを読む ]

まなびストレートハジマタ!

2007年03月26日 03:03

桜満開で卒業式とか反則です。・゚・(ノД`)・゚・。
仰げば尊しとか反則です。・゚・(ノД`)・゚・。
春の別れとか反則です。・゚・(ノД`)・゚・。
でも、いつでも繋がってるとか反則です。・゚・(ノД`)・゚・。
今日はハンケチなしでは見られなかったです。・゚・(ノД`)・゚・。

というわけで、最終回は卒業して各々がそれぞれの道へと進んでいくことになったわけですが…
みかんはアメリカ留学ですか!
泣き虫寂しがりのみかんにとって大胆な結論を導き出しましたね。
それも、まなびや他のみんなの影響で、成長した証ですね^^
むっちーはソフトの実業団選手?
しかし、ロンドンで正式競技から外されたオリンピックでのソフトボールは、この時代に復活してるのでしょうかw
めいは普通に大学ですね。
たかこさんと百合百合な関係を築いているのですか?w
まなびはフリーターという選択。
これがベストな選択でしょう。
働きながら最低限自分の時間を確保するならコレが一番ですよ!(力説!)
で、なんでか最後に桃なんですけど、お嬢様かよ!
しかも西澤グループ並のかよ!
というわけで、好奇心の塊な桃は映像ジャーナリストへの道をとりあえず選んでみたようで…一生遊んで暮らす金があるからってぇぇぇ!

あと、印象に残ったのは屋上の反省会。
むっちー、桃と、脳天気コンビは反省なしだったり出てこなかったりw
キッチリ紙にまとめてくるめいも律儀でらしいなぁと思いつつ、華麗にスルーするまなびが笑えましたw
さらにまなびが適当に(w)反省しつつ、みかんはまた泣き虫が発症…
そしてもらい泣き。・゚・(ノД`)・゚・。

そしてみかんの見送りでは渋滞巻き込まれで、みかんはしょんぼり、視聴者はハラハラさせられつつも、しっかり間に合って、まっすぐゴー!の決めポーズ!

まぁ、それぞれの道を選びつつ、友情も続いていくなんていう、友達の少ないおっさんには羨ましいかぎりです(つД`)
そして、最後にA HAPPY LIFEの全員バージョンとか、上手くもってきましたね…ここでもホロリとさせられました(つД`)
建造物にスプレーで落書きなんて犯罪助長かよ!っていう声があったりもしたわけですが、そうですか、こういう風に持ってきましたか…上手いなぁ、と感心しきり。

物語全体のクライマックスを最終回一歩手前に持ってきて、しっかり盛り上げておいて、最終回は後日談というか、物語のまとめをしっかり時間を使ってまとめるっていう良い例だったんじゃないですかねー
ちょうど前の枠のコルダが詰め込みすぎだったんで余計に好印象だった。

涙あり、笑いあり、感動あり、そしてやはり友情あり!
ソンな良い作品だったと思います^^
[ 続きを読む ]

今夜の金色のコルダ 最終回!

2007年03月26日 02:59

柚木も戻ってきて、全員揃っての最終セレクション!

各々が実力を存分に発揮して最後にして最高のコンクールになったというところでしょうか。
ただ、残念なのは詰め込みすぎで、各々の演奏が中途半端なこと(つД`)
香穂子以外の6人の演奏だけで1話、香穂子の演奏と全体の締めくくりで1話という風に分ければもっと綺麗にまとめられたんじゃないかなぁ…

それでも、香穂子のアヴェ・マリアの演奏では、ここまで紆余曲折ありつつ、すこしづつ成長してきたことや、音楽・ヴァイオリンへの愛情が伺えて少しほろりとさせられましたね(つД`)

ほっとして気が抜けたのか(?)会場でぼけーっと座る香穂子のためにヒロイン(じゃねぇ)5人が、一緒に演奏するシーンは良いカンジでした^^
でも、一人づつ「香穂子…」とかつぶやくのはかなーーーーーり寒かったですw
とくに月森と土浦の「香穂…」がさぶかった^^;
あんまり名前を呼ぶシーンがなかったしなー…
っていうか、なぜ冬海ちゃんは仲間はずれなんだよw

なんかもう出てこないんじゃないか、と思ってたリリも普通に出てきてるし、結果的には大団円っていうところなんでしょうかね。

でも、やっぱり最終セレクションの結果と全体の順位はどうなったんだよ!っていうのは気になるところ…

まぁ、最初に書きましたが最終回詰め込みすぎでちょっと物足りない部分もありましたが、物語全体としては予想外に楽しめた作品になりましたね^^
男キャラで(・∀・)イイ!!っていうのが出てきたのも私としては珍しく、この作品を面白くさせてくれた一因でしたね。
柚木様、お疲れ様でしたm(_ _)m
でも、やっぱりこの作品の一番は香穂子ですね^^
香穂子が音楽を好きになっていく過程がこの作品の一番の魅力でしたね^^
音楽好きとしてはここが一番良かったです。

というわけで、半年たのしませてもらいました。
ありがとう金色のコルダ~^^
[ 続きを読む ]

今夜のSHUFFLE! MEMORIES 最終回!

2007年03月26日 02:45

最終回は特別編!
ネタもアレなので閉じておくw
[ 続きを読む ]

海鵬、6勝9敗で出直し。

2007年03月25日 21:00

昨日今日とちゃんと見ることができずorz

幕内復帰のかかった場所でしたが、残念ながら結局6勝9敗と奮わず、出直しとなりそうですね…
まぁ、今場所はどうも足が前に出ていなかったので、こうなってしまうのは当然の結果ともいえるでしょうか…
怪我が悪化したというのでなければ良いのですが…
問題なしなら、来場所に向けて足腰をもう一度鍛えなおししたいところでしょう。
来場所、また頑張ってください。

心配なのは栃東ですね…
脳疾患に心臓疾患のWショックですよ…
父が今一番好きな力士で、私もやはりあの黄金のおっつけは素晴らしいなぁと思う力士ですので、もし引退となってしまうなら非常に残念です。
ただ、やはり力が発揮できなくなるというのであれば、やはり潔く引退するほうが良いでしょうね。

幕内の優勝決定戦は…
まぁ、何も言うまい…
豊真将、栃煌山の三賞コンビは今後楽しみですね^^


今場所は妙な話題でおかしな方向で注目を浴びた場所だったと思いますが、土俵をちゃんと見ている人なら何が真実かはすぐにわかること。
ただ、規律の乱れが今回のようなネガティブな話題になってしまうというのは事実なので、相撲界全体でビシッと引き締めていってほしいですね。
常に精進をして、日本の伝統的スポーツ、そして文化としての誇りを持ってやっていってほしいですね。
[ 続きを読む ]

黒田、6失点も不安なし。

2007年03月25日 02:54

というタイトルはつけたものの、さすがに2回の打者一巡での4失点、さらに3回の阿部の2ランHRを打たれたときは愕然としましたね…

しかし、やはりそこは黒田、崩れ去るということだけはなく、その後に光を見せてくれたのでなんとか救われましたね。
4回からの四者連続奪三振は圧巻でしたね。
来るとわかってて空振りしてしまうフォークなんてのはそうそう投げられるピッチャーはいませんよ。
今まではランナーを出した場面でも打たせて取ることが多かったですが、三振がほしい場面ではキッチリ三振が取れるということを見せてくれましたね。
前回に続いてマズイ点も出ながら収穫もありということで、あとは開幕までの微調整をするだけというところですね。
頼りにしてます、黒田様!

リリーフは三人、三者とも1イニング無失点とまずまずのデキを見せましたね。
印象に残ったのは上野。
球種も豊富で、さらに球に重さがありそうな印象を受けました。
河内もボール先行の悪いクセが出なければやはりキッチリ締められますね。
広池もランナーは出しましたが、ここでゲッツーなら流れが変わるかも、ってところでキッチリゲッツーを取りましたね。
中継ぎ争いはまだまだどうなるかさっぱりわかりませんね…
上野が復帰してきて、さらに混沌としてきましたw

打線は今日もそこそこいいところを見せてくれました。
ちょっと暴走か?と思わせるような場面とかもありましたが、これはオープン戦だからでしょう。
今年のカープは走るよ!というのを毎試合どこかで見せてますね。
相手に与えるプレッシャーも変わってきますから、これは良いことだと思います。

ところで、なんと倉の打率が.273もあるというのには驚きですw
しかし、肝心なところでは打たなくてほとんど得点に絡んでいない気がするw
まぁでも2アウトランナーナシでも倉が打つと打たないとでは後の攻撃がぜんぜん違ってきますからね…打率が高いのはええことです。
少しづつ勝負強さも出てきてくれることを信じましょう。

明日は日曜なのに仕事で試合が見られないorz

ファン倶楽部限定コンテンツ

2007年03月24日 04:25

今日からファンクラブ限定コンテンツが開始されましたね。
会員名簿…載せておけばよかったなぁ…
千葉県にもいろいろな方がいて、自分が乗ってないのが妙に残念…

ブログのほうはしっかり登録されてて良かったです^^
しかしやっぱタイトルが浮くなぁw
まぁええことよ。

ところで、今日の中国新聞では緒方の開幕3番が決定したと書かれていますね。
一昨日6~7番のほうがハングリーさが出るんじゃないかということを書きましたが、休日返上で打ち込むあたり、スタメン確定で甘えるようなことはなさそうですね。
当たり前といっちゃ当たり前ですが。
そして、この姿勢が前田の怪我で落ち込みかけたチームの士気をあげることは間違いのないところですね^^
調子はまだまだ物足りないですけれど、気迫で何とかしてくれそうです、開幕の緒方、楽しみですね!

で、前田様なんですが、私の予想なのですが、とりあえず開幕の阪神戦からちゃんとベンチに入る気がします。
ただ、阪神戦は出ない気がします。
三日の市民球場開幕シリーズで代打からスタート、っていうのが一番ありそうなセンだと思いますね。

とりあえず、ブラウンもムリはさせないということは言っているようなので、これ以上悪化させないように、再発させないようにケアしながら、少しづつ出場機会を増やせればいいなぁと思います。

今夜のコードギアス 22話

2007年03月24日 03:04

これはかなりヘヴィな展開ですね^^;

ユフィの天真爛漫な性格そのままに「日本人を殺しなさ~い♪」とか、かなりドギツイです…
なんか今回は後半の怒涛の虐殺シーン…これにポカーンとするしかないカンジです…

しかし、あれだけ覚悟完了したはずのゼロが、ナナリーの為と言われてあっさり翻しすぎだろうという気がする…
あのままユフィの勝ちだ、ということにしてどうするつもりだったんだろう…
なんだかんだいってルルも甘ちゃんなところが抜けてないんだなぁと思うシーンでした。

いや、むしろ甘ちゃんなのはここまでの演出だったのかもしれない…
大切なものを失うことがどれだけ痛いかというのは母親の死から長い時を経て忘れていたのかもしれない…
修羅の道…
そう言ってはいたが、どこかまだゲーム的な部分から抜け出せていなかった…
そしてここからが本当の修羅の道になるのだろうか。
ここまで、いろいろなルルの甘さは感じてきたけど、それが意図したものであるなら、今後はそのようなことがないように一貫性を持たせてほしいところ。
しかし…そうなると救いが無さそうなカンジだよなぁ^^;
面白いのかそれは^^;
ただの泥沼の復讐モノになったらそれはかなり寂しい気がするなぁ…

えーと、面白いことを考えよう…
そうですよヌゥさんですよ!
なんで全裸で寝てるんですか!
扇コノヤロウしっかりヤることヤってんのかぁぁぁぁぁ!!!!!
しかも作戦会議で自分本位な意見出してんじゃねーぞ!
副指令失格!

シャーリーもなんだかんだでまたルルに近づいてきているあたり健気ですなぁ…(*´Д`)
しかし危ないとわかっていて近づいてしまう…全く恋というのは厄介ですな!
なんかここんとこシャーリーに癒されてるなぁ…(*´Д`)

で、来週が23話で1stシーズンはあと3回ですか…
最後に出てきたワカモト皇帝の高笑いとか、それに(?)驚愕する腹黒シュナイゼルとか…
ルルのギアスの制御の問題とか、どうなるんでしょうかね…


しかし、シーズンとしての落しどころはある程度キッチリつけてほしいなぁ…
ユフィぬっころしてあとは曖昧なまま、じゃぁちょっと後味悪すぎるしねぇ…
[ 続きを読む ]

海鵬、瀬戸際で踏みとどまる。

2007年03月24日 00:40

十三日目、武州山。

立会い両者頭で当たり、その後すぐに海鵬が潜り込んで両差し。
やや深めながらも、武州山の上手を遠ざけるような上手い差し。
頭を胸につけて前に攻めて武州山の腰を浮かせる海鵬。
武州山の腰が浮いたところで右は前褌あたりの浅い下手を取る。
さらに左は肩甲骨あたりのところからひねるような攻め。
左からのひねりと右からの下手投げで大きな武州山の体がふわりと浮き上がって最後にはごろりと転がして下手投げで白星!

久しぶりに差してからの海鵬らしい崩しの相撲が見られました^^
なんといっても左のひねりがイイ!
左右の連動でどんな大きな相手でも転がしてくれそうな攻めでした^^
昨日書きましたが、やや足の出が良くないですし、組んでからの相撲に活路を見出すのも良いかもしれませんね。
組んでよし動いてよし…やっぱり海鵬は魅力のある相撲取りだなぁ。

崖っぷちからの連勝で勝ち越し…ちょっと期待したいところです^^

粘りの野球はイイ野球。

2007年03月23日 03:35

長谷川は本当に良くなりましたね。
「長谷川」と書くたびに、「ランナーを背負ってからのピッチングが問題」と書き続けてきましたが、完全に課題をクリアして一皮向けたという印象ですね。
今日などは7安打と結構な数を打たれたものの、1失点で、先発としての仕事をしっかりこなしていますね^^
ランナーを出してから本当に粘り強くなったと思います。
粘りのある投手は野手も支えたくなりますよ。
今シーズンの長谷川は野手との信頼関係を築いて10勝以上あげるんじゃないかと思えてきました。

その他の投手。
上野は初登板ですね。
ランナーを出しつつも併殺を取ってしっかり三凡。
投球は見ていないのでよくわかりませんが、早く一軍のマウンドに慣れるといいですね。
同じくルーキーの宮崎も併殺を取って無失点で切り抜けましたね。
併殺を取れるのはいいことです、が、しっかりその後も締めてほしいところ。
まだまだ宮崎は試練が続きますかね…

梅津が失点してしまいましたね。
ツーベース→送りバント→タイムリーとキレイに取られてしまいました。
持ち味の低めの投球はできていたんでしょうかね?
まぁ、延々と抑え続けることはできませんので、失点は仕方なし。
タイムリーのランナーをバントでさらに得点圏に送ってくるいやらしい中日の攻撃でしたが、後続はキッチリ絶ちましたね。

永川は2奪三振でジェノサイドモード。
まぁ控えメンバーですからそのくらいじゃないとね。

打線は2回に集中打で3点、この3点は4番からの攻撃で作ったチャンスを下位で返すという去年にはない味を出せましたね。
まぁ、3点目の倉のはゲッツーの間の得点なので褒められるというものではりませんが…
あとは最初の失点がミスに近かったらしい新井さんの汚名返上のソロムランも効果的な追加点になりました。
得点も4点と多くはありませんが、点を取れない場面でもあっさり凡退という回は少なく、粘りのある攻撃ができたんじゃないでしょうかね。

開幕まであと1週間、不安もありますが、それ以上の期待を…優勝の夢を現実に感じられるカープになってきていると思いますよ^^

今夜ののだめカンタービレ

2007年03月23日 02:19

楽しみにしてたラフマニノフのピアノ2番でしたが…
ぶっちゃけ、あんま好みじゃなかった(;´Д`)

ちょっと全体のテンポがダルすぎるカンジ。
メリハリが利いてるならいいけど、そういうカンジじゃない。
っていうか、そもそも主役のピアノがイマイチ(;´Д`)
もうちょっときめ細かく弾いてください。
先週は内面的な美しさが必要って言ってて、それには全く同意なんですけど、やっぱり技術があってこそなわけで。
例えば「タラララン♪」と弾くところをちょっと滑って「タララ~ン♪」って弾いちゃうと、どこかボヤケちゃって美しくないんですよね。
今日のピアノはそういうのが多かった。

でもって、個人的にイマイチなわりに会場は大感動で、そこに違和感がありすぎてなんとも^^;

あと、CGで楽器を演奏する指先や手つきまで細かく描いていましたが、違和感があるし、ちょっとしつこすぎです…
丁度コメントで話してたポイントでしたけどねぇ…

でも、やっぱり第一楽章をほぼ丸々流したってのは凄いなぁと思います。

のだめもこの千秋の演奏に感銘を受けてっていう今後の展開になるようですが、そもそもこの演奏がピンと来なかったのでう~むと唸ってしまう…
まぁ、その後の微妙な三角関係*2のシーンは面白くてよかったですw
しかし、こういうヘタレキャラな川澄綾子はタマランなぁw

あーそうか!
今日の演奏がイマイチだったのは、シュトレーゼマン指揮、千秋がピアノのラフマニノフよりも、千秋が指揮でのだめがピアノのラフマニノフのほうがイイ!っていう為の布石なんだな!!!!

ここ三日の海鵬。

2007年03月22日 23:17

一昨日は痛恨の録画ミスで視聴できず。
ちなみに負けてましたねorz

昨日の十文字との取り組みはいなしてから前に出る姿勢で連敗ストップ。
前に出る姿勢は良かったですが、十文字の調子の悪さが助けてくれたような印象も…

今日の片山との取り組みは真っ直ぐ片山に押し出されてしまいましたね。
横の動きが出せなかったのが残念。
5勝7敗と後がなくなりました…

どうも今場所は動きが固いように思いますね…
とくに足はこびが悪い印象。
上体のつっこみはあるんだけど下半身がついていってない印象。
バランスが悪いので負け方が非常に悪い。
勝った時は前に出ているのでそれほどじゃないんだけど。

ともかくあと三日。
現状でできることをしっかりやって一つでも多く星を延ばしてほしいですね。

前田様再始動!?

2007年03月22日 02:36

中国新聞によると衝撃の退場から三日にして早すぎるのではとも思わせるほどの練習再開です。
今年のカープに対する責任感の表れといって間違いはないと思うわけですが、やはり不安がありますね。
ムリを押してプレイして、選手生命を縮めることがファンとしては一番辛いことなわけで…
ただ、やはり今年に賭ける意気込みというのは尋常ではないと改めて思い知らされた次第ですね…
どうかこれ以上のケガに悩まされぬよう、心のそこより祈るばかりです…
今度の旅行では神の為に神頼みもしていこう!

さて、今日は仕事のためオープン戦は全く見られず。
投手陣は青木高が先発で今回も立ち上がりは上々でしたが、前回同様中盤に連打から大量失点という苦い結果になりましたね。
先発の最低限の責任ともいうべき5回まで持たないというのはカナリ厳しいです…
そして河内は不運なエラーからのようですが、ランナーを出してからガタガタと崩れる悪いクセが出てしまった様子…
広池が不安定なだけに河内にもっといいところを見せてほしかったのですが…
横竜、宮崎、永川は問題なしといって良いんでしょうかね~
三者とも1イニングをキッチリ無失点で抑えています。
横竜は一発病持ちの投手の中でまだ一人だけ発症してないのかな?
一発病さえ出なければ横竜はかなり魅力のある投手なので今後も好調維持で頼みます。

打線は好機を作らなければならない上位打線があまり機能せず苦しい戦いだったようですね。
とくに梵の落ち込みが激しい印象…
東ではタイムリーを打ってますけどね。
緒方ももともとは3番の適正のあるバッターだとは思いますが、現状では6~7番から上位を狙わせるような、ハングリーさをかきたてる位置のほうが良いような気がします。
栗原はやはり一本出て気分良くなったのか、角度が出るようになってるんでしょうかね。
今日もHRでいいところを見せてますね。
中東も下位だと気楽に打てるのか、2の2の1得点といいところを見せていました。
今年は中東が下位にいるときの梵東出の役割が結構大きな役割になってきそうですね。

まぁ、開幕の阪神相手に連敗で嫌なカンジですが、まぁオープン戦のうちに膿を出したと思えばええことよ。

ともかく今日は前田様再始動のニュースが嬉しくもあり、心配でもあり…
でも、やっぱり市民まで行くわけだし、前田様がいるというのは嬉しいものです。

今夜の武装錬金 25話

2007年03月22日 02:07

斗貴子さん…(つДT)
もう前半の斗貴子さんの凹みっぷりったら見てらんないですよ;;
雑踏の中で号泣し絶叫する斗貴子さんにもらい泣き。・゚・(ノД`)・゚・。

まぁ、そんな前半がありつつ、ブチ切れてブチ撒けまくりのキレッキレ斗貴子さんもあり、さらに思い出の給水塔でたそがれ斗貴子さんもあり…そこでふと思い出したカズキの想い…そして対パピヨン戦への決意を決める凛々しい斗貴子さん。
そして生着替えキター!!
っていうかノーブラかぁぁぁぁ!!!
内心ほろほろしつつもそういうところだけは見逃さない…
我ながらきんもー☆というところである。

というわけで、ちょっとブルーからグレーな斗貴子さんが多かったものの、まさに斗貴子さんワンマンショーなカンジで斗貴子さん分補給しまくり!

でも、やっぱり斗貴子さんはカズキと一心同体…
カズキがいない斗貴子さんはなんだか哀愁ばかりが漂って、見ているこっちが辛くなりますよぉ(つД`)

今日のサブタイ「かわりなどいない」は斗貴子さんのセリフかと思いきやパピヨンのでしたね。
まぁ、パピヨンにしてみてもカズキは唯一無二の強敵だったわけで。

とにかくカズキが帰ってこなきゃ話にならんってことですよヽ(`Д´)ノ

カズキのバカヤロー!早く斗貴子さんのために帰ってこいやぁぁ!!!

来週はラブラブショーだよな!な!!

ベテラン奮闘。

2007年03月21日 02:05

故障者が続出し、一転して厳しい状況になったカープですが、やはりそこを支えたのはベテランだったんじゃないでしょうか。

まずは先発佐々岡。
2回3回と連打を許す場面があり、3回は1失点をするも、そこからガタガタと崩れることはなく、しっかりとしたコントロールで後続を断ち、ベテランの落ち着きを見せてくれましたね。
結局4回を57球、4安打1失点で開幕に向けてしっかり調整できているカンジですね^^
そしてもう一人、緒方ですね。
2回の栗原のHRのあとさらに追い討ちをかけるべく江草からヒット、これは得点にむすびつきませんでしたが、畳み掛けようという気概が伺えたといえるでしょう。
そして2点ビハインドになってしまった9回には1点差にして、さらに反撃を、という場面を作り出すタイムリーツーベース。
この後ダブルスチールが失敗し結局追加点には至りませんでしたが、これもシーズン中なら別の結果になったのではないかと思います。

昨日取り上げたこの二人がいきなり活躍してくれたことで、個人的には前田様の肩の荷も多少軽くなったんじゃないかなぁと思うのですが…

そして、外野レギュラー争いでチャンスが出てきたほかの選手も奮闘してくれましたね。
レフトで先発の尾形は2打数2安打、ライトで先発の森笠も2安打1打点と、前田様がいなくなってもまだまだレギュラー争いは熱い状況ですね。

今日は様々なタイプの投手からいいカタチで得点をできたので打撃陣も良かったんじゃないでしょうか。
調子が悪いときはサクサク三凡ばかりで本当に淡白になるからなぁ…

フェルナンデスは相変わらず不安な出だしでしたが、2イニング目は別人のようなコントロール(?)でキッチリ締めてくれましたね。
肩が温まらないとダメなんでしょうか…
試合前からしっかり肩を作って臨んでくれればいいってことでしょうか…
まだよくわからないですが、とにかく先発の一角として考えられているならファンとしては応援するしかないですね。
頼むよフェルー

小山田は最悪でした。
まぁこの試合は小山田一人で負けたといっても過言はないような…
とにかくストライクボールがハッキリしすぎてて、ボール球をあっさり見逃されてストライクを取りに行くと痛打されるという悲惨さ…
ストレートにも力がなく130㌔台半ばしか出てないし、変化球もコントロール、キレがないし…
とりあえず、現状梅津、林という安定した中継ぎがいる状況では出番がなさそうな印象…2軍からやり直しが妥当じゃないかな…

おかげで最後に登場した林がいつも異常に素晴らしく見えました^^;
持ち味のスライダーはいつものようにキレまくりで、シュートぎみの球も低めに抑えて左右の揺さぶりでさくっと三凡、文句なしでしたね。

まぁ、今日は負けはしましたが、かなり収穫のある試合だったんじゃないでしょうか。
阪神は開幕の相手ですが、しっかり良い試合をしてくれると思いますよ^^

こんなときこそALL-IN魂が必要!

2007年03月20日 03:57

18日の試合で足に違和感を感じた前田様は右ふともも裏の損傷ということで、加療2週間で、大きなケガではなかったものの、優勝へ意気込むカープとしては開幕から大きなビハインドを背負うことになってしまいましたねorz
当然市民球場開幕もムリだろうなぁ…orz
せっかくの遠征なのに前田様がいない可能性大だなんて…orz
ま、まぁええことよ…えぇことよ…カープの試合が無くなるわけじゃない…ないさ…。・゚・(ノД`)・゚・。

ついでに(ついでかよ)、井生とか建さんも故障してしまい、なんていうか大ピンチですね…
ここは選手会長新井にビシっと気合入れてもらってリーダーシップを発揮してもらい、さらには緒方や佐々岡のベテランが奮起することで中堅若手陣に勇気を与えていってほしいところですね…

ここが優勝への最初の試練!
今こそALL-INで乗り切ろう!!

海鵬、好調里山と五分に渡り合うも黒星。

2007年03月20日 03:42

九日目、里山。

立会いは良く覚えていないorz
里山のほうが低く当たったと思う。
その後も低い体勢でドンドン前に出てくる里山に対し、海鵬は前さばきといなしなど横の動き、さらに頭の低い里山を叩きで崩そうとするも、好調里山は全く落ちずに前に出る、何度か海鵬のいなしが里山の体勢を崩すも、攻めきるには至らずお互い押し合いが続き、館内から拍手も。
しかし、里山は最後まで頭を上げずに前に出て、海鵬は出足をさばききれずに押し込まれてしまい正面側に押し出されて黒星。

今日は好調里山の足腰の良さを褒めるべきでしょう。
30秒という相撲にしては長い取り組みの間、両者一瞬たりとも止まるところなく動き回って館内も十両の取り組みながら大いに沸いていましたね^^
海鵬も負けはしましたが、若い里山とこれだけガッツリ渡り合えたのは体が若い証拠でしょう。
足の不安がゼロになったわけではありませんし、コレだけ動けたというのは海鵬にとっても収穫のあった取り組みだったと思います。

さて、連敗してしまい黒星が先行となってしまいました(つД`)
良い相撲をして負けたんだからソレは仕方なしとして、明日はサッパリ切り替えて頑張ってほしいところですね。

まなびストレート!11話とか金色のコルダとかシャッフルとかパンプキンシザーズとか

2007年03月19日 15:04

いつもアニメは見た後すぐにリアルタイムで感想を書いてるんだけど昨日は眠くてそのまま寝ちゃいました。
テンションが違うな、テンションが…

というわけで学園祭ですね。
最初のみかんの報告はちっとしつこいカンジだったので端折るならもっとサックリ端折っちゃっても良かったんじゃないかと思う。
でも、一ヵ月あれば学園祭の準備なんて余裕じゃないか?w
むしろ一ヵ月テンションを保つ方が難しいようなw

まぁそんなことはおいといて、学園祭です。
ワイワイガヤガヤと和やかな雰囲気の中、下心たっぷりのDQNとかが出てきたりして、いかにも女子校の学園祭的な雰囲気だが、まなびたち生徒会は基本的に本部での待機ということで、かなり大人しい雰囲気で進行してましたね。
もうちょっとハルヒとか、今週やってたギアスみたくハジケる場面があれば盛り上がってるのが伝わってきたんですけど、やや盛り上がりに欠ける印象も^^;
先週の生徒会復興のノリをそのまま引き継いでやれば良かったのに、もったいない印象…
で、バンドのライブなんかもあって、やっぱりハルヒと比べちゃうんだけど、細かい部分のクオリティが…(つД`)
でも、そういう比較とかじゃなくて見ると結構これも良いと思えましたね。
テンション高いドラムの子とか、舞乙のニナが眼鏡っ娘になったようなギターとか、キャラの個性はあったと思います。
曲自体は取り立てて特徴があったわけでもないけど、ライブの動きのノリだけでいえばかなり良かったと思いますよ。
まぁ、ハルヒのライブが傑出しすぎてるだけなんでしょうけど…
んで、締めにまなびがでてきて校歌。
最初の独唱から2番でバンドがアレンジを入れるシーンの緊張感っていうか、くるぞくるぞ~みたいなあの瞬間は良かったですね^^
あと、歓声のSEが不自然だった…あれどう考えても男集団だろう…手抜きすんなよ^^;

まぁそんなわけで、ちょっとちんまりとまとまってしまいましたが、学園祭も無事終了ということで、来週は最終回…ってえぇ~13話じゃなかったのか!
早いもんよのぅ…
[ 続きを読む ]

最悪の日

2007年03月18日 17:21

今日は細かいことは書きません。

とりあえず一番心配なのは前田様の足。
明日広島へ戻り病院で検査だそうです…
大事でないことを祈ります。・゚・(ノД`)・゚・。

大竹は中盤で一気に崩れ去り、先発2番手でいいのかという不安がまた大きくなってしまいました…
まぁ、まだ今年は諦めたくないですが。
広池もここまで不安定ながらなんとかしのいできましたが今日とうとう崩れて2失点。
永川登板で同郷の梵がエラーで失点などもあり。

打線のほうも集中打が出た6回以外はほぼ音なし。

良かったのは梅津の相変わらずの安定感と新井さんの4番としての評価が不動のものになってきたということでしょうかね。

他にも井生も故障など…踏んだり蹴ったりの一日です。
海鵬も負けるし、気分悪いことこの上なし…