2008のカープファン倶楽部の詳細発表…と黒田のこと

2007年11月30日 23:56

カープファン倶楽部2008

いきなりワケのワカラン赤タイツのコンビがファン度チェックを盛り上げてますが、設問とイラストがまったく合っていないのがなんともアホっぽくて笑えますw

1:選手のナイスプレーには強く大きく歯切れ良い拍手を贈れる体勢を365日24時間整えている。
2:登録選手の応援歌を全曲そらで歌うことなんて朝飯前だ。
3:得点時には遅れをとらず「宮島さん」を歌えるのは当然として、元歌の3番まで歌詞を熟知している。
4:メガホンにはこれまでの激闘を物語る名誉の負傷が数知れず刻まれている。
5:観戦は常に赤シャツもしくはリスペクトする選手のレプリカユニフォームで決める。
6:1回から9回、時には12回までもスクワットコールに参戦する脚力を持ちあわせている。
7:観戦にカープうどんは欠かせないが、決定的なシーンを見逃すことなく完食する自信がある。
8:スカイジェットバルーンはグランドには飛ばさず確実に手元に返すテクニックがある。
9:ネット通販でカープグッズを買いすぎたおかげで、わが家はカープ御殿と呼ばれている。
10:聖地といえば、迷わずメッカではなく「広島市民球場」と答える。

こんな設問…もう阿呆ですよ!阿呆のきわみですよ!
こんな阿呆な設問作って10コ丸ならファン倶楽部加入だ!
とか、ソンなやつはいねぇだろw
ちなみに
1:× 2:× 3:× 4:×(応援は張り切るけど丁寧に扱うので)
5:○ 6:○(多分できる) 7:○(楽勝) 8:×(環境を考えて不参加)
9:×(呼ばれるかよw) 10:×(今なら尾道って答える)

まぁ、ソンなわけで、微妙な数ですが、3つあれば十分だろうっていう気がします。

気になるグッズなどは、会員証が免許証を模したカンジのカードに変わるようですね。
カープ坊やが写っててわかりやすいです。
去年に続いてメッシュジャージですが、今年はノースリーブになるようですね。
Tシャツとの組み合わせが重要になりそうです。
もうひとつはランドリーバッグとかいう袋。ビニールかなんかでできてるやつですかねー
あまりいっぱいモノはいれられなさそうですが、試合観戦にはもってこいか?

そのほかファン倶楽部会員専用コンテンツが今年もイロイロとあるようですね。

申し込みは12月10日のAM10時からですよ!
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



クラナド第8話

2007年11月23日 02:34

鍵は泣かせどころを掴んでるよなぁ…

春原が意外にもイイ奴だったり、渚パパンとかの苛立ちでジンワリとさせておいて、早苗さんの泣きで落とすわけですよ(つД`)
やっぱりきっこさんはイイなぁ…

来週、風子編ラストですか。
ハッピーエンドで締めくくってくれると信じてますよぉ…
いきなり最初のシナリオでどん底に叩き落すとか勘弁~

公園の池で岡崎と渚を見てなにかを思いついたような風子はこの後どういう行動に出るんでしょうかね~

ハンケチ必須か。

ドラフトの話。

2007年11月23日 02:09

今更ですが大社ドラフトも終わり、来期の新人が決まりましたねー

一巡目は長谷部狙いでしたが、ハズレ抽選で左腕篠田に。
ドラフト前から情報などを見比べていたのですが、長谷部は現状での完成度はかなり高いのでしょうが、小柄で細身なのがどうかなぁって思ってて、篠田のほうは荒削りで完成度としては長谷部には及びませんけど、将来的なポテンシャルは上なんじゃないかと思っていたので、篠田を引き当てたときはガッツポーズが出ましたね~
でも、篠田も長身のわりにはやや線が細い印象。
春までに下半身を鍛えてドッシリとして欲しいですね。
やや難のあるらしい制球力も下半身を鍛えることで安定しますからね。

大社二巡目はアマでは代表クラスの内野手小窪。
投手じゃないのかとビックリしましたが、粗いも抜けるし、あまり考えたくはないのですが、来年は東出がFA権を取得しますから、億が一ということもあるし、内野の層を厚くするという意味で良い選手なのではないでしょうか。
柔らかい捕球から送球までの流れが非常に良い選手だとか。
肩がよければサードに、なんていう思いも…
東出のためにも東出梵の二遊間は崩したくないしね。
打撃や走塁のほうはまだまだなところがあり?

大社三巡目は九州の大砲外野手松山。
柔らかいフォームからの高打率とかなりのパワーで長打もあるようですね。
ドラフト直後の祖父と牛のエピソードはちょっといい話でした(つД`)
太りやすい体質なようなのが気になるところですが、嶋と一緒にダイエットと走りこみでの基礎体力強化をしましょう~

三者とも今のカープの状況をわかっていて、そういう状況を打破したいという気持ちをもって入団してくれるようなので、ファンとしても応援のし甲斐がありますね~

まだ黒田のFAの件など、不透明な部分もありますが、来期の展望が見えてきてwktkしてきました~

年末の年休申請蹴られた…

2007年11月23日 01:43

年末年始は遠慮しろって書いてあるから遠慮して大晦日だけ年休にしたのに却下ですよこのやろう…
じゃぁ取るなって書けや!
というわけで、休日希望を出しましたが、通らなかったらどうしよう…
まぁ、相談なしに却下されたことは今までないので大丈夫だとは思うが…
相談ナシで出勤になってたら進退問題ですよ!

私はオタクだこのやろーーー
コミケに行かんでどうするんじゃーーい

秋保温泉に行ってきました。

2007年11月17日 22:25

秋保といえば屈折リーベの眼鏡っ娘好きの秋保少年ですな。

まぁ、それはともかく仙台の奥座敷、秋保温泉です。
あきうです。
東京~仙台の往復新幹線(やまびこのみ)と高級ホテル(旅館)の宿泊がセットで20000円というお買い得セットなのです。
電車賃だけでおつりがきちゃう値段です。
泊まったのは秋保温泉郷の中でも少し離れた高台から見下ろすような位置にかまえる篝火の湯・緑水亭というところ。
一山そのまんま旅館の敷地みたいで、庭が非常に広く、散歩してもよさそうでした(しなかったけどw)
ついたらまずは温泉~
日が暮れかけた頃で、イイ感じに暗めの内湯はまだ人も少なく広い湯船を独り占め状態。
熱さもちょうど良く、良い気分でした。
少しあったまったらお次は露天ですよ。
篝火の湯ていうくらいですから、露天風呂には篝火が掲げられ、黄昏時の良い雰囲気でした。
残念なところもいくつか。
内湯の湯船が2つに分かれてたんだけど、熱さも変わらないし、分けてる理由がわからなかった。
どうせなら片方はもう一工夫した湯船にすればもう少し魅力的になったのですが、それが残念。
露天も同じ温泉でしたね。
自家源泉っていうところに誇りを持ってるからなんでしょうけど、もうちょっと変化をつけても良いのではとも思う。
でも、その後、夜の22時頃に入ったときは、間善意暗くなった闇の中に浮かぶ篝火と、湯船からあがる湯気が幻想的な雰囲気をかもし出していて、黄昏時とはまた違った良さがありました。
さらに朝風呂では周りの木々の紅葉が見られ、またまた違った一面を見せてくれて、ひとつの湯で三度美味しいという、ナイスな露天でした。

部屋は十畳の広々とした部屋で父と二人だったのでゆったりできました。
まぁでも高級ホテルスゲーーーー!!っていうような+αのモノっていうのはなかったかな…
テレビも普通のブラウン管だしー
料理もこれが目玉みたいな特別なものは出ませんでしたが、ひとつひとつ細やかに作られていて美味しくいただきました。
女将自家製(?)の味噌で作ったさんが焼きが美味かった。
朝食はバイキング形式。
バイキングは正直手抜きな印象なので好きじゃないのですが…
オムレツを目の前で焼いていたのと、イカのおつくりが新鮮で美味かったのが良かったかな。

ソンなわけで、一晩ゆっくり過ごさせてもらいましたよ。
電車賃だけで足が出るようなパックだけに、目玉的な部屋や料理がなくても高級ホテルの雰囲気を味わえるのは良い企画だなぁと思いましたよ。

今日は松島行ってきました。初松島です。
湾内一周観光船がサーピス期間で1000円っていうんで乗りました。
はめ殺しの窓で、デッキも後部に狭いのがあるだけで、風を感じながらのクルージングとは行かなかったのが非常に残念ですが、松島の島々の珍しさの一端は垣間見られたという意味ではまぁ良しというところか。
クルージングの後は昼飯に牡蠣!!ってなワケですが、チラシに載ってた店がまったく見つからずに1時間歩き回る無駄骨…
結局地図がおかしかったようで、なんか1km以上離れたところにあるようだということに気づいて諦め、別のお店にして、昼食が2時半という遅さ…
まぁでも生牡蠣に牡蠣フライと、美味しくいただきましたよ。
刺身だとか牛タンだとかがいっぺんに食べられるっていう定食を頼んだんだけど、やめとけばよかった…
刺身は特筆するほどのものじゃないし、マグロにいたっては筋っぽいハズレだったし…
もっと牡蠣いっぱい食えばよかった…
ホテルでも牡蠣出せばよかったのに…
隣にいた中国人のカップルがやけに羽振りが良かったなぁ…
最近の中国人観光客は金持ちらしいですねー

その後は瑞巌寺っていう由緒ある(らしい)寺も見たかったのですが、土曜ってことで、人大杉でやめ。
人大杉の時にこういうところに入るとウンザリするだけなのはいろいろなところで体験済みだしね…
今日は無駄な時間の使い方をしてしまい、見られるところも限られてしまったのが勿体なかった…
いきあたりばったりってのが良くなかったかな。

まぁ、ソンなわけで、再び仙台から新幹線で帰路に。
やまびこっていってもかなり早くて2時間くらいで東京。
17時仙台発で東京は19時ちょい過ぎ、20時には家にいましたよ。
ソンなに仙台って遠くないなぁと感じる旅行でした。

Viewの企画だったんだけど、またこういう企画があったら利用してみたいですねー
本当は小野川温泉に行きたかったんだよねー
父が秋保のほうが良いってんでこっちにしたんだけどさー
秋保は最近流行りの湯めぐりができないのが残念なところ。
[ 続きを読む ]

レッズACL制覇!

2007年11月14日 23:37

ほとんど触れたことはありませんが、私はぬるいレッズファンですw
一応、J発足当時から応援していて、以前は結構本気で応援していたもんです。
(スタジアムまでは行ったことないけどw)
Jリーグで初の日本人得点王に輝いたミスターレッズこと福田正博が好きだったんですよー(もちろん今でも)
そのレッズが、なんとアジアのクラブチームの頂点になってしまいました(つДT)

ここ2~3年は常に日本のTOPにあって、10年前は考えられなかった常勝の名を欲しいままにしていて、今年は去年に続いてJ連覇も射程に入ってますねー
去年のJ初制覇もよくやりましたが、今年はそれ以上に凄いですね。
なんといってもリーグ戦と平行するように行われているACLとの両立は、今まで、日本のどのチームもできなかったことですしね。
海外での試合と日本での試合の行ったり来たり+詰まりに詰まった日程…それを克服してのACL制覇は、日本サッカー史に燦然と輝く記録になると言えるでしょうね^^
もちろん、J制覇してこそこの記録が圧倒的な輝きを放つものになるので、リーグ戦のあと3試合、すべてをかけて優勝を狙いに行ってほしいですね。
さらに天皇杯まで取った日にゃ…
[ 続きを読む ]

お前なんか新井さんちゃう、粗いや!!

2007年11月09日 00:21

まぁ、新井さん改め粗いの話です。
どんな言い訳をしようと、どんな涙で語っても、それは空虚な言い訳にしか聞こえない。

といっても、粗いの立場というか、カープとの関係については昨日書いたことで、カープが好きで出て行くのがつらいなら、なぜカープを優勝させようというところに行き着かないのか、まったくもって理解不能。

結局のところ、カープを優勝させようという気概がもてないということなんでしょう。
個人的な妄想(なのでソースはない)ではブラウンとの確執があるのではないかと推測したりもしましたが…
そんなことは結局のところ外付けの理由にしかならず、結論からするとカープで優勝するという気持ちをもてなかったということなんでしょう。
その程度のカープ好き具合だったということです。
カープファン一筋の私に理解できようもありません。

まだ翻意する可能性が0ではないのかもしれませんが99.9%ないんでしょう。
なら諦めて前を見ることにしましょう。
個人的にはサード井生がいいなぁと。
シーズン前は100試合くらいに出てくれると思ってたんだけど、怪我がひびいちゃったんですよねー

あとは黒田ですかー
こっちも諦めたくはないけど、ある程度覚悟完了ってカンジ…
なんつーてもあの年俸じゃ太刀打ちできないわ…
でも、これで残留したらまた黒田株上がるねw
ストップ高間違いなし。

FAな話題

2007年11月08日 00:43

中国新聞カープ情報
先ほど更新されたのですが、やっぱり中国新聞で書かれると残留を信じてる私でも揺らぎますな…

黒田は1000万ドル(11億5000万)以上か(スポニチ)
こっちは黒田に破格の年俸提示…
この額は残留を信じてる私でも揺らぎますな…

新井さんに関してはまったく移籍するということは信じがたいんですよね。
優勝争いがしたいと前々から発言していましたが、カープファンである新井さんが他所の球団でソレをしたとして何か得るものがあるのかと。
カープでそれをすること以外に価値があるのかと。
黒田にしてもそうなんですけど、カープに愛着がないのならともかく、それがあるのなら残留して然るべきだとおもうんですよねぇ…
まぁ、黒田の場合はカープでもらえる4倍の額が提示されているわけですからこころが動いたとしても、あーそうなのか、と思うことはできますが…
新井さんに関してはそれほど飛躍的に金銭的待遇が変わるほどのことでもありませんしねぇ…
一昨年あたりから引退試合など、記念試合を見ていて、カープ一筋でやってきた選手の花道に感動してきたのですが、そういうのを目の当たりにしてきた選手がソレを投げてしまうというのがまったく信じられない。

まぁ、明日(というか今日)の会見で小沢ばりの翻意をしてくれることを信じたいところですが…
どうなることやら。
あ、もちろん黒田の残留もまだ信じていますよ。
[ 続きを読む ]

御神体到着

2007年11月03日 02:30

本日、かみちゅ!のゆりえ様を我が家にお迎えし、お祀りすることとなりました。

今まで雑誌の付録なんかについているミニフィギュアなどは持ってたものの、金を払ってちゃんとしたものを買うのは初めてです。
以前にもかみちゅ関連でフィギュアも出ていましたし、三人の中でも私の好きな光恵も、フィギュアになったりもしていましたが、値段と秤にかけて欲しいとまでは思いませんでしたが、このフィギュアは発表された当時(もう一年位前かな)から購入を決定するほどの見事な出来栄えなのです!

私はフィギュアはよく知らないのですが、このフィギュアの大きな特徴は、やはりプチジオラマというんでしょうか、背景部分があるという点。
リンク先の画像を見ていただければわかると思いますが、石段と手すりがあり、そこにタマや福猫石のモノノケ、空き缶転がしといったモノノケ達がいて、かみちゅの世界の賑やかさを再現しています。
石段や手すりといった小道具ですが、これがまたモデルになっている御袖天満宮のソレと非常に似ているのですねー
細かいところでかみちゅの世界を再現したところで、やはりキモになるのはゆりえ様本体です!
なんといっても表情がたまらない!
すべてを受け入れる慈愛に満ちたやわらかい笑顔!!
階段を上がってきてちょっと手すりによりかかったようなそのポーズも自然で良し!
まぁ、簡単に言えばこれだけの大きさの中にかみちゅの世界観が凝縮された逸品と言えるのです!!!

あまりにデキが素晴らしすぎてケースから出すのがもったいないのが最大の難点w
これのために展示用ケースを購入しようと考えていますw
神棚なら尚良しなんだけどw


そういえば、今…というか、オタ人生の中の現状で私が最も好きなアニメがこのかみちゅ!なんですけど、まだその記事をちゃんと書いてなかったなぁ…
そのうちちゃんと書かないとな。
[ 続きを読む ]

史上最低の采配

2007年11月01日 22:45

言わずもがな、今夜の落合の采配です。
試合は仕事で見られませんでしたが、帰ってきてネットのニュースで「中日完全試合」の文字だけ見てビックリしたのですが、父に聞いたら完全試合をしていた山井を交代、継投での達成ということを聞いて唖然。

私の兄が熱狂的な中日ファンで、長野に住んでるのですが、わざわざ長野から電話をかけてきて怒りをぶちまけていたらしい…

53年ぶりの日本一。
そこに向かう為の非情な采配という面もあるでしょう。
しかし、7戦目でもなく中日が2つもアドバンテージを持って、さらにエース川上を温存した上での山井の好投だったわけです。
ヒットを打たれるまで…よしんばホームランを食らったにしても良いじゃないですか、ソロなら負けるわけじゃない。
フォアからホームランをくらって負けたってあと2試合あるんだからいいじゃないですか。

この後、選手は落合の下でモチベーションを保てるのだろうか…
53年ぶりの日本一が決まる特別な試合だったことはわかっていても、納得することはできないでしょう。
このひとつの出来事がチームを揺るがしかねないことになるんじゃなかろうか。

兄の影響もあって、中日は比較的好意的な部類のチームだけど、今日のこの落合の采配を見て、この人は応援できないと思った。


あー、でも一応、中日日シリ優勝おめでとうございますw
来年はカープが優勝ですよ。