風邪引いてたり衝動買いしたり

2008年01月27日 23:07

先週の火曜から風邪の兆候が出始めて、水曜の仕事はなんとかなったんだけど、木曜金曜と休んで、昨日の土曜もまだダメで、今日、やっと回復してきました。
まだ途上なんですけど。
今回は熱風邪と鼻風邪がWで来ました(´・ω・`)
あとちょっと気管のほうにも…
最初は熱による頭痛で、頭がグラングランになって、木曜は一日寝てました。
おかげで金曜はやや回復してきたんだけど、まだフラフラするので休んで、相撲見たりしつつ、その夜は風呂になんかも入ったりして。
したっけその夜から今度は鼻がズビズバになって、さらに鼻づまりで寝られなくなって、そのせいかまた昼には熱が上がってしまう。
まぁ、頭痛のほうはほとんどなかったけど、また土曜日もほとんど寝ていた…
鼻が詰まって鼻で呼吸できないうえに、口で呼吸すると気管がヒリヒリして咳き込んで辛かった…
今朝も鼻づまりが直らなかったんだけど、熱は下がってきていて、昨日調べた鼻うがいとやらをしたら鼻づまりのほうもやや改善。
というわけで、今日久しぶりに外に出ることができた。

というのも、昨日近所にコジマ電気の新店舗がオープンしたので、見ておきたかったのと、体調を崩してわかった我が家のトイレと風呂場の寒さ!
マジで血管破裂するんじゃないかと思いましたよ。
というわけで、トイレと風呂&脱衣所を暖める小さめのヒーターを買うことにしました。
ヤマダで軽く調査した後コジマに行ったらさすがに開店二日目ってことで大賑わいでした。
目ぼしい商品を見つけるも、なんと品切れorz
さすが新規開店パワー…
家に帰って調べたらヤフーとか楽天に出てくる通販で買うより安かっただけにちょっと残念。
で、結局、トイレ用のパネルヒーター(4500円くらいの)だけヤマダで購入してコジマではなにも買いませんでしたw
トイレで長時間付けておくということで、できるだけ消費電力の少ないものを選びました。
温まるのに時間がかかるけど、寒さは軽減できているのでまぁ良かったかなぁと。
付属品のネジの太さが合わないのには呆れましたが…
なんとか家でサイズの合うネジを見つけましたけど。

まぁ、そこまではいいんですが、コジマでいろいろ見て回ってて気になったのが空気清浄機。
今まであんまり気にしてなかったのですが、多分私の部屋は結構粉塵が多いと思われ、湿度の下がる冬場は常にノドがイガイガするような状況で、去年からは加湿器を使ってたんですけど、あんまり効果なかったんですよね…
そう考えてたら、もう、空気清浄機は買わなきゃダメだこりゃっていう気になっちゃって、帰ってきてからネット通販でもうひとつの風呂用のヒーターと空気清浄機を探しまくりんぐ。
amazonと価格コムで評判とか値段とかいろいろ見て、結局amazonで評判が良くわりと安めのコレ(尼では7550円)を買ってしまいました。
明後日くらいには届くかなぁ…

風呂用のヒーターは小さめで4000円くらいのセラミックファンヒーターをこれまた尼で買いました…
商品そのものの値段的には他所の通販のほうがちょっと安かったりするんだけど、送料と支払いにかかる手数料を考えると、結局尼のほうが安くなるってことがほとんどなんですよねぇ。
あと、200円程度なら知らないところ利用するよりも使い慣れたところがいいっていうのもあるし。

結局のところ、ヒーター2種類と空気清浄機、3つも買ってしまいました。
うーむ、衝動買い…
まぁ、ヒーターのほうは私の金じゃないんですけどねw
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



旅行3日目

2008年01月24日 02:12

まだ街も静かな7時40分頃に、朝食もナシでチェックアウト。
朝早くですが、気持ち良く送り出してくれました。
さすが有名温泉街の旅館です。
いや、どこもだいたい気持ちよく送り出してくれるけどさ。

長くなるのでここからは閉じておきます。
(2日目もそうすりゃ良かった…)
[ 続きを読む ]

figma 長門有希を予約した…

2008年01月23日 23:02

figma

ARIAで毎回CMが流れるんですよね…
見てたらなんだかいいなぁいいなぁとか思って、思わず予約してしまいました…
なんつーか、CMが上手いと思います。
ハレ晴レのダンスをしてみたり、かと思うと、椅子に座って黙々と読書してみたり。
「よく動く」っていうコンセプトを非常に上手くアピールしてると思います。
キョンと谷口の中の人コンビのやりとりもなんからしくて、最初に見たときから気になってたんですよねぇ
リンク先でそのCMが見られるのでどうぞ。

んで、結構お高いんだろうなぁと思ってアマゾンを見たら2割引きで2000円くらいなんですよね。
思わず予約ボタンを押してましたよ。
安いですねぇ…

発売は2月14日。
あぁぁ、早く眼鏡かけて読書させてーなー

旅行2日目その3 温泉地獄

2008年01月22日 02:54

うつらうつらとしながら千秋楽で朝青龍が負けるのを見て(ションボリ)から、いざ外湯めぐり再開っ!

あ、ちなみに泊まったのは川口屋本館っていう旅館で、温泉街のド真ん中にある旅館です。

というわけで、今度は駅方面へ行ってみることにして、地蔵湯へ。
ここは湯船が広くて打たせ湯なんかもあったり、さらに夕飯時ってこともあって、人もまばらでゆったり入れました。
でも、地味っちゃ地味だったな…

さらに駅前のさとの湯まで足を伸ばす。
時間は19時頃だったんだけど、駅前までの商店街は昼の喧騒がウソのように店は閉まってるし、人通りはぜんぜん無いしで、ゴーストタウン状態…
ソンな中、さとの湯も同じようにガランガラン…
本当に昼間の人たちはどこへ…ってカニ食ってるんだろカニ!!!!
羨ましいね!まったく!!
まぁ、人が少ないほうがゆったり浸かれていい気分ですよってんだ!
ソンなわけで、さとの湯なんですが、ここが一番広くて様々な施設があるところですね。
内湯も泡の出るのからジェットバス、普通の湯船、打たせ湯があって、サウナが普通の2種類に、ミストサウナ、寒いサウナと、いろいろ。
さらに露天です。
やっぱりいろいろあるとその分時間を使ってたっぷり入れるのが良いですね。
ここではサウナで汗を流した後に露天に入ったら、お湯の温かさと冷たい風のギャップがたまらなく心地よかったですね~
ここまでの4箇所は露天らしい露天が無かったので、非常に気分が良かったです。
旅館に泊まらない人は、2つめに行った柳湯とこのさとの湯に行くのが良いんじゃないかなぁって思います。

さとの湯でサウナやらなんやらしっかり入ったので、正直もう十分…と思ってここで打ち切りにしようかなぁとも考えたのですが、今度いつ来るかわからないし~という気持ちもあって、とりあえず夕飯を食べてその後決めようということで、夕飯。
街中にある蕎麦屋へ。
また寒くなってきたので温かいもので~と選んだらつい「カニすきうどん」とか言っちゃって、頼んでおばちゃんが作り始めてからここ、蕎麦屋じゃんって思い出したりして^^;
それじゃぁ勿体ないってんで、そばがきぜんざいを頼みました。
カニすきうどんはまぁそれなりでしたが、このぜんざいが美味しかった^^
そういや、丹波も近いし、いい豆つかってるのかも~
豆の上品な甘みのなかにあって、そばがきもほんのりとした甘みのある蕎麦の味がして、普通の白玉より美味しくて、甘党にはたまらない一品でした^^

このそばぜんざいで満足してやる気も回復し、このまま完走という気にになって、今度は一番外れにある鴻の湯へ…
これが遠い…orz
いっぺんに体が冷えましたがな…
ここは庭園風呂ってことで、露天が売り。
冷えた体を暖める湯と、頭を冷やしてくれる冷たい風のバランスが心地よかったですね。
庭園は、あんまり印象に残るほどじゃなかったかなw

今度は戻りがてら最後の御所の湯へ。
ここは外観が良い雰囲気ですね。
寺社のような風格の建物で、中も広々としています。
1.1mの深さの湯船とか、露天とかあって、最後もまた少し違う味わいのあるお湯を楽しむことができました。

そして一路宿泊する旅館へ…
既に21時を過ぎて22時近かったのですが、なにげに食事を終えて外湯をまわっている宿泊客が多くて結構人が歩いているのが印象的でした。
旅館に着いたのは22時直前…
昼からガッツリ時間をかけての七湯制覇となりました^^

でも、翌日の朝に入った川口屋の内湯が一番良かった気がしないでもないのでしたw

というわけで、2日目第3部完っ!
これにて2日目終了!
[ 続きを読む ]

旅行2日目 城崎温泉旅情篇

2008年01月21日 23:48

というわけで、2日目の続き。

城崎温泉に着いたのが12時半頃なので、私は早速昼食ということで、あらかじめ目をつけておいた、「おけしょう」という魚屋がやってる食事処へ。
並んでる並んでる…
あんまり外で魚を食べるところがないんですよねー
だもんで一極集中しちゃうようで…結局30分待ち…
宿のほうが素泊まりで、夜にカニが食べられないことがほぼ確定していたので、ここでカニを食べておこうと思い、オススメになっていた甘エビとの組み合わせのカニエビ丼と、さらにオススメになっていたハマチの刺身を注文。
そこそこのお値段だったわりにはカニは特筆するほどでもありませんでした(´・ω・`)
まぁでも甘エビはその日のオススメだけあって、身も甘く、頭のミソをチューチュー吸って美味しくいただきました。
ハマチの刺身も身が締まっていて、いかにも天然ものらしいカンジでしたね。
しっかり脂が乗ってるのが好みの人には向かなかったかもしれませんが、私はトロっとしたもよりはこっちのほうが好きなので良かったです。
というわけで、いきなり大奮発して2500円ほどの食事をしてしまった…

その後、宿に向かい、丁度2時にチェックイン!
生まれて初めて旅館の前とかにある黒板に歓迎 ○○様って書かれましたw
思わず吹いちゃいましたよw
旅館の人はさすがに老舗温泉街の旅館だけあって、気持ち良い接し方で、部屋に入ったときにお茶なども淹れてくれたり。
しかし、私は一息だけ入れたら速攻で外湯めぐりです!
城崎温泉には7つの外湯があって、旅館に泊まると、無料入浴券をもらえるようになっています。
泊まらないと500円(一箇所800円)するので、全部回ると相当お得なわけですw
当然目標は7箇所制覇!
ちなみに城崎温泉の外湯は一の湯、さとの湯、まんだら湯、御所の湯、鴻の湯、地蔵湯、柳湯という7つです。

やっぱり名前からして最初に行くべきは一の湯でしょう。
というわけで、一の湯へ。
大きめの普通の浴槽と、外に洞窟風呂という露天がありました。
さすがに温泉街の真ん中に位置し、一の湯という名前だけあって、結構な賑わいでしたね。
洞窟風呂は、名前ほど迫力はありませんでしたが、まぁ、冷えた体を温めるのには丁度良いお湯加減だったと思います。
20分ほどで出て、次の湯へ向かいます。

2番目は3時から開けるという柳湯に行きました。
丁度3時を回ったところでしたので、綺麗な湯(他所が汚いわけじゃないがw)に入れると思ったので。
案の定、先客は一人しかおらず、小さいながらも静かなお風呂をもらうことができました。
先に書いてしまいますが、七湯のなかではここが一番良かったです。
やや小ぶりな木造の浴場で湯船も木でできていて、浴室に木の香りがほんのり漂っていて、香りの面でも楽しめる良いお風呂でした。
湯船は結構な深さがあって、立ってでも入れる場所なんかもあったり。
満足のお湯でした。

さらにお次は同じく3時開店のまんだら湯へ。
ここがやや離れたところにあって、少し歩いてるうちにみぞれなんぞ降ってきたりで、寒さも絶頂です…
まぁ、温泉のはしご中なので、寒さはそれほど感じないわけですが、なんだかすぐに体が冷えちゃって勿体ない気がします…
桜の木が並ぶ小川に沿って7~8分も歩くとまんだら湯に到着。
なんだかずいぶんありがたい由来のある湯なんだとか、いろいろ書かれていましたが、入ってみての問題だよそれは…
こぢんまりとした普通のタイルの湯船と、半露天のようなカタチで外に2~3人入れそうな桶風呂がありました。
ここもやや人が多く、桶風呂のほうは入れ替わり立ち代りで、ゆっくり入れないのが残念…
内湯のほうも小ぶりでそれほど特徴がある風でもなく、七湯のなかで一番地味な印象だったかもしれない…

ソンなわけで、3つ目を回ったところで、湯疲れしてきたので、一度旅館へ戻り、相撲でも見ながら一休みとなりました…
ここで一気に前日からの疲れや眠気が襲ってきて軽く2時間ほどすやすや…

またもや長くなったので第2部完っ!

旅行初日~2日目

2008年01月21日 23:27

初日の13日は家を22時頃に出て、東京駅へ。
去年の3月のダイヤ改正での改悪に抗議する意味で小田原まで小田急ということも考えたのですが、それをやろうとすると1時間半早く家を出なければならず、天秤にかけて東京からそのままながらに乗ることにしました。
まぁ、ながらはとくになんということもなし。
名古屋で切り離される7号車だったのですが、自由席に変わる豊橋の長時間停車の際に他の車両を見てたら丁度良く席が空いていて、すかさず移動して、大垣まで気分良く乗り切ることができました。
とはいえ、やっぱりほとんど仮眠することすらできずで、やっぱりながらはダメだなぁと思いました…

で、一応明けて2日目に突入しているわけですが、大垣から米原までは加古川行きの長い車両なので、悠々座れたし、米原からの新快速もさらに8両に増えるのでここも余裕。
本当はこのあたりで一眠りしておきたかったのですが、寝たいと思っても寝られないのがお約束でして…

京都からは今回のメインイベント、山陰本線突入です。
その前に、20分の待ち合わせ時間に駅構内のパン屋で朝食を購入。
ラッシュは終わってるものの、9時前とあって、かなり賑わってましたね。
カレーパンとソーセージパンとクリームが入ったメロンパンみたいのを買いました。
というわけで、いざ山陰本線完乗の旅へGO!
嵯峨嵐山あたりまでは街の景色で、なんということはないのですが、ここを過ぎるとまず一変。
保津峡の山と渓谷が旅の気分を盛り上げてくれます。
紅葉の頃に来たら凄いんだろうなぁ…
京都の人はすぐ近くにこんなハイキングとかできそうな場所があって良いですね。
そして早くもここで無人駅になってたように思います…さすが山陰本線w
保津峡で景色を楽しんだのもつかの間、次の駅からはすぐに郊外の街といった風情に戻ります。
そしてさらにここで列車遅延の始まり…
沿線火災の影響で対抗列車の待ち合わせ時間がいきなり7分遅れ…
京都からまだ20分程度なのに、気づいたら既に単線区間ですよ。
まぁ、複線化工事をしていたので遠からず複線化するのでしょう。
園部あたりまでは完全に通勤圏っぽいしね。
園部で8分の乗り換えのはずが、完全に遅延モードで到着連絡即出発状態。
10時過ぎに園部を出て福知山までの電車に。
正直このへんは印象が薄い…^^;
路線からやや離れたあたりに高くはないけど、山が連なっていて、白く化粧をしているのが印象的だったくらい…
京都の北部はかなり寒いんですよねぇ…
福知山でも乗り換え時間が短くなっていて、微妙にダイヤの復旧ができないカンジでしたね。
福知山を出て少し行った夜久野あたりで雪が見えたのが印象に残りました。
でも、さらに北上するとまた雪がなくなったりして、どういう基準で雪が残ってるのかとか、わかりにくいカンジでしたねぇ…
天気も良かったり雨がパラついたりして、ちょっと場所が違うだけでぜんぜん違う顔を見せていましたねー
と、ソンなこんな天気の心配をしているうちに、城崎温泉駅に到着。
こんなに人いたっけっていうくらいゾロゾロ降りてきて、さすがは関西でも有名な温泉地だなぁと思わせてくれました。

長くなるので初日2日目第一部完っ!

シゴフミ 第3話

2008年01月20日 11:58

1月期で結構気に入ってる作品のひとつがコレですね。
監督の佐藤竜雄は、学園戦記ムリョウが凄く好きだったので注目してたのですが、今までの代表的作品(ナデシコ、ムリョウ、ステルヴィア)あたりと比べて、印象がちょっと変わったなぁと思うところですが、これは原作チームである4人※と、どのくらいの比重で作って行ってるのかってところに拠りそうですね。
しかし、メインに扱われている高校生くらいの少年少女の心理描写なんかは、あー、やっぱり佐藤竜雄だなーと思わせる部分もチラホラ見られるように思いますね。
でも、まったく逆になってるのが、この作品のキモになる部分のという部分で、今までの作品は、生きるということに関して凄く執着があったように思うんですけど、この作品では逆に、死ということが妙に軽く描かれているのが印象的であり、どうなのよ、と思わせる部分でもあり…

で、昨日放送だった3話では、さらにそういう死に対する軽さが強く見られたわけなんですね。
冒頭の飛び込み未遂にはじまって、「なんとなく死んじゃいました」みたいな軽いカンジがあって、あげくには自殺=飛べるみたいなカンジの描写まであって、どうなのよ?と反感を覚える面もありましたね。
でも、もしかしたら、今「ゆとり世代」なんて呼ばれている世代の人たちからすると、死に対する印象なんかこういうもんなのかもしれないのかな?とか…ある意味時事問題的な面もあって、そういう時代や世代へのアンチテーゼとしての意味合いもあるのかなぁと考えさせられる部分もあり…
そういうテーマ性ってのが、今後話が進むにつれてわかってくればいいんですけどねー
テーマ性無しでこういう作品を作るってのはあってほしくないしね。

ところで、フミカのちっさい身体でありながら重く暗い雰囲気と、カナカの突き抜けるような妙な明るさのバランスが良いですね。
物語を仕切るこの2人の存在そのものが作品のすべてなのかなぁとも思います。

そういや、今回の眼鏡君がフミカの存在の鍵も握ってるカンジでしたね。
今回の三人組のバランスも妙に良いカンジだったなぁ…
人生に意味を見出せないメインの子と、彼女とかもいてわりと充実した生活を送ってたのに自殺した子、そんでもってまじめな眼鏡君と、こいつらはなんでつるんでるだろうっていうバックグラウンドも、ちょっと気になるカンジだった。

で、次回はガチ百合ですか?w
今回男三人組がメインですこーし萌え分が物足りなかったので、ちょっとwktkですw
[ 続きを読む ]

帰ってきました。

2008年01月19日 01:17

事前に予定を詰めていなかった今日を除いてほぼ予定通りに行動することができました。
とりあえず、行程だけ書いておこうかと。

■13日~14日
地元最寄駅(22時半頃)~東京(22:53)
東京(23:10)~大垣(6:55)
大垣(7:00)~米原(7:34)
米原(7:49)~京都(8:42)
京都(9:03)~園部(9:54+遅延)
園部(10:02)~福知山(11:03)
福知山(11:07)~城崎温泉(12:26)
●城崎温泉泊

■15日
城崎温泉(8:04)~浜坂(9:01)
浜坂(9:15)~鳥取(10:02)
鳥取(10:29)~米子(11:58)
米子(12:01)~出雲市(13:24)
※出雲市(13:30)~出雲大社正門前(13:55)←バス
★出雲大社見学(参拝ではないっ!)
※出雲大社前(14:55)~川跡(15:06)←一畑電車
※川跡(15:09)~電鉄出雲市(15:18)←一畑電車
出雲市(15:25)~温泉津(16:33)
●温泉津温泉泊

■16日
温泉津(7:13)~益田(9:12)
益田(9:52)~東萩(11:02)
★萩市街散策(奥様は魔法少女の聖地巡礼w)
東萩(14:23)~長門市(15:02)
長門市(15:05)~小串(16:13)
小串(16:23)~下関(17:02)
※下関(17:07)~御裳川(不明…17:20頃)←バス
●下関泊

■17日
※御裳川(不明8:30頃)~下関(不明8:50頃)←バス
下関(9:00)~新山口(10:06)
新山口(10:10)~岩国(12:20)
岩国(12:39)~糸崎(14:34)
糸崎(14:36)~尾道(14:43)
★御袖天満宮に初詣!
尾道(15:58)~姫路(18:48)
姫路(18:57)~三ノ宮(19:36+遅延)
●三ノ宮泊

■18日(時刻省略:スルっとKANSAI/2DAYチケット)
阪急三宮~高速神戸~阪神三宮 ※神戸高速鉄道
三宮~神戸空港~(北埠頭経由)~三宮 ※ポートライナー
阪神三宮~香櫓園 ※阪神電車
※香櫓園~夙川←徒歩
夙川~西宮北口~宝塚~蛍池 ※阪急電鉄
蛍池~千里中央 ※大阪モノレール
千里中央~江坂~なんば ※北大阪急行→大阪市営地下鉄直通
なんば~中百舌鳥 ※南海電鉄
なかもず~淀屋橋 ※大阪市営地下鉄
淀屋橋~四条 ※京阪電車
★知恩院三門見学→東山あたり散策
河原町~桂~嵐山 ※阪急電鉄
嵐山~四条大宮 ※京福電車
四条大宮~京都 ※バス
京都(18:46)~東京(21:06) ※新幹線
東京(21:24)~最寄某駅(22時頃)
●帰宅

うへ、これだけ書くだけで1時間かかった…
とくに、今日は無駄に電車に乗りましたw
スルっとKANSAIの2DAYSが一日あたり1900円なんですよね~
というわけで乗り倒してやろうと思って…
本当は京都に1時くらいに到着して非公開文化財とやらの特別公開イベントをこなして特典のお茶菓子をもらおうと思ってたりもしたんですけど、時間的に厳しくなったので、知恩院三門だけ見て、あとは東山付近をまったり歩いて、その後余った時間でまた阪急~京福で嵐山まで往復してみたりと…
帰りの新幹線の時間ギリギリになって焦りましたが^^;

まぁ、細かい部分は明日以降に書こうと思います。

旅行行ってきますよ。

2008年01月13日 17:46

今夜のながらで行ってきます~
帰りは18日の夜。

先日の予定通り、城崎温泉→温泉津温泉→下関→神戸と宿泊してきます~

美味しいモノが食べられるといいなぁ~
まぁ、下関は当たり確定なんですけどねっ!
城崎や温泉津も山陰で海が近いですから、海の幸に期待~

ソンなわけで、18日までコメントなどの承認ができませんのであしからず。

ベサメムーチョ新作は「ザ☆宇宙ショー(仮)」ですよっ!

2008年01月08日 00:26

なんと劇場作品になるんだそうですよ!

12月発売のニュータイプのカレンダーにも一枚イラストがあったようですが、今月10日売りのニュータイプにはちゃんとした記事が載るようですね。
というわけで、その早売りの画像を見て、早くもwktkが止まりませんっ!!

今度は小学生が主人公で、5人(らしい)の子供たちが大冒険をするってカンジらしいのですが、いったいどんな冒険になるんですかね~
早売りの画像だと、かみちゅ!もビックリな田舎風景なんですけど、タイトルは宇宙ショーですからw
さらに舛成たんってば
スターウォーズを超えるスケールで描きます
とか、大見得を切っちゃって、どうしたんですかw
なんか、ニュータイプの人が勝手に大きく書いちゃったんだよね~とか、あとでコメンタリとかで言うんじゃないかとか、早くも想像してるんですけどw

今年は宮崎駿とか押井守あたりも新作映画があるらしいんですけど、そういうのと並んで…ならん……ムリかw
とりあえず、個人的期待度は断然TOPなわけですよ!!

楽しみにしてますよ!!!!

賞味期限の攻防

2008年01月04日 01:41

近所のディスカウントストアなんですけど、ここは賞味期限が近い清涼飲料なんかを捨て値で置くことがあって、結構面白い値段のモノが見られたりします。

今の注目はキ○ンレモンセレクト。
この商品に気がついたのは一ヶ月ほど前。
1.5リットルのPETで79円でした。
その時に2本買って、その後しばらく忘れていたのですが、先週のコミケ前の準備で28日に行ったときには59円になっていました。
ここで1本買いました。
そして、今日、そういえばどうなったかなぁと思って20時頃に行ったら、まだありました…
39円でした…
1本買いましたw
まだ50本以上…あるいは80本くらい残っていたかもしれません…

賞味期限…2008.01.05

店の人にちょっと聞いてみたらまだ撤去するつもりは無かった様子なので、明日…というか今日も売っていることでしょう…
いくらで売ってるかな…
賞味期限当日の明後日に残ってたらいくらにするかな…

なんだかとても気になるのでしたw
面倒だけど、明日明後日も見に行こうかなぁw

ちなみに、一応賞味期限が近いことは表示されていますw
[ 続きを読む ]

今日はかみちゅ!第14話を見る日 あとげんしけんの話

2008年01月03日 02:51

本当は4日なんですけど、4日は仕事なんですよ。
っていうか、元日から仕事で正月気分ゼロですよ!
3日くらいはこたつにもぐりながら日がな一日過ごしたい…というわけではありませんが、のんびりしたいですね。
というか、兄が長野から来ているし、両親もいるんでこたつでノンビリなんかできないんですけどね。
「ヒマつぶしに漫画出してくれ、そうだ、ジョジョがいい」
とか言うけど、ジョジョは本棚の後ろで出すのが面倒。
あずまんが大王を出してこれで我慢しーって言ったら、4コマ読む気分じゃないとか言います。
仕方ないのでエマを出してやったら渋い顔をしましたが、とりあえず読んでみるということだったのですが、今日になって聞いてみたら一巻だけ読んで面白くねぇとかぬかします…
バカ!バカ!!!
このメイド魂がわからんとはしょせん一般人です。
エヴァは面白がってたくせに。

まぁ、ソンな私事はいいとして、げんしけん2を最後まで見ました。
最終和の手前から見たんですけど、その予告で未完ofベストエンディング!とか言ってると思ったら本当に未完ですw
笹原が内定した後に作中でも言ってた合宿に行って、そこで荻上とくっつくことになるんですけど、そのあたりはバッサリですね。
っていうか…今考えてみると、私もアフタヌーンでの連載部分と、8巻までしか読んでないんで未完なんだっけw
ヤバイなぁ今すぐ読みたくなってきたわ…

まぁ、げんしけんを見たのが昨日の寝る前だったんですけど、どうもこの作品は私を鬱っぽくさせてくれますね(苦笑)
耳をすませばを見ると死にたくなるとか言う人と同じカンジなわけですがw(私はそう思わないけどね)
現在、私は友人とかまーーーったくいなくて、そういうのもぜんぜん平気で、コミケなんかも一人参加が当たり前で、先日書いた同人イベント板なんかでも一人で逝くスレなんかも見てたりしつつ、一緒に行きたいなんて思わないよなぁ…とか思ってたりするわけなんですが…
げんしけんを見ると、なんかもう眩しくて…紆余曲折ありつつ、笹原と荻上なんかくっついちゃうし…
もうここしばらくリアルな恋愛感情なんてものは枯れちゃってるわけなんですけれども、すこーし人恋しくなっちゃったりなんだりするのです…
まぁ、そういうのがない斑目(一番近い存在かなぁw)とか、くっちーにしても久我山にしても、こういう仲間がいて、オタ話をぶっちゃけられる友人がいるってのは羨ましくなったりもするわけです。
まぁ、私はソンなに自分の意見を前面に出すほうじゃない(と思う)ですけど~
まったりしつつ、微妙な距離感でいろいろオタ談義をしていたげんしけんの面々ってのは、ある意味理想的なサークルだなぁと思うのです。

で、昨日、寝る前に布団に入ってボーっと考えごとをしながら眠気がくるのを待っていたわけですが、考えてみると、リヴァイアス関連でいろんな人たちとリアルにつきあってた時期は、わりと理想的な楽しさがあったように思いますね…
サークル参加の手伝いをしたり(私、有能売り子なんですよw 暗算早いし、お金の扱いに慣れてるからー)、旅行行ったり、泊まりに行ったりー
まぁ、現在は不義理をして付き合いもほとんどなくなってしまっていますし、ちょっと思い出すと切なくなるので、げんしけんとあわせてダブルパンチなわけですがw
これだからニートってのはマズイですねw
このご時世なのに電話嫌いで携帯持ってないですからね。
人との接点を維持できないような状態なんですかね。

なんか、酔っ払いの戯言垂れ流し状態なわけですが、酔ってはいません、酒は飲みませんから。
まぁ、げんしけんはそういうスイッチが入っちゃう作品なんですよねぇ…
アフタヌーンも、げんしけん連載終了とともに購読を終了したんですけど、ある意味私にとってはこころにザックリ来る作品なんですよねー
今更だけど、原作を買おうかなぁ…自爆行為なんだけどw
まぁ、今回のげんしけん2は作画も安定してたし、原作で出てこなかった描写を原作者シナリオで描いたりもしていて、原作既読者でもかなり楽しめるデキになっていたと思いますねー
いやぁ、本当に…どうでもいい作品ならここまでザックリ来ないですから…

まぁ、今日はこたつむりなゆりえ様を拝んで癒されたいと思いますよ。