アニソン三昧はなんと大晦日。

2008年10月31日 23:22

○○三昧HP
前回最初の発表があったときに、全く考えてなかったんですけど、なんと紅白にぶつけてきましたよ…
一年間で紅白の視聴率を最も気にしてると言っても過言ではなさそうな、あのNHKが、紅白の視聴率が下がるような編成をするとか、正直ビックリです。

それにしても、年末は仕事が一番大変な時期でして…
さらに今年はコミケが金土日でなく日月火という変則日程なため、休みが取りづらい…
ちなみに年休申請すると取れネーヨバカヤロウとは言われませんが、はぁ?年休取らすわけねーだろという顔は普通にされます。
とはいえ、今夏のように、初日女性向けっていう日程ではないようなので、なんとか28、30、31という休日指定ができるかなぁと…

話がそれましたが、なんと今回はファイナルと銘打っての放送になるようで…
まぁ、甦るアニソン三昧とかやってくれるんだろうとは勝手に思っていますが。
最終回というからには司会からゲストまでしっかりと、納得のできるメンツでやってくれないとなぁと思うところですがいかに。

リクエストは12月に入ってからの受付ということです。
長いなぁ…
スポンサーサイト



安曇野に行ってきたのです。

2008年10月25日 01:18

先週末は長野は安曇野に行ってました。
母が知り合いから鉄道の日きっぷをもらったのでどこか行ってくればってことで、安曇野で農業をしてる兄の家でマッタリしようかということで。
まぁ、朝7時半頃に出かけるつもりが、目が覚めたら9時過ぎだったりして、出掛けあたりとかはまったりとは程遠いカンジだったんですけどw
武蔵野線でぐるりと回って西国分寺、そこから中央線で高尾~小淵沢と乗り換えて、下諏訪で途中下車。
諏訪大社下社秋宮を見てきました。
丁度結婚式をしてて、珍しいものが見られましたねー
太鼓をズンドコ鳴らしてる音が響く中、静かに歩みを進める新郎新婦はキリリとした良い雰囲気でしたねー
結婚式が進む中でも、普通に観光客はいっぱいいいて、その中にまぎれて私も境内をぐるり。
絵馬をかけるところに行ったら、なんか知らないけど、アニメ系キャラの絵馬が奉納されてますw
あぁ…ここもなにがしかの聖地なんですねw
帰ってから調べたら東方なんとかのキャラらしいです。
別に写真は撮ってませんw
あと、御柱は相変わらず立派でした。
といっても下社来たのは初めてで、前に見たのは上社本宮のだったけど。
その後、老舗の新鶴で羊羹を買って、近くの温泉に入って、再び下諏訪から電車に乗りました。
最後は明科で下車し、兄の家へ。
電話番号をメモるのを忘れてしまい、タクシーの世話になるとかいうミスもorz
一人でタクシーに乗ったのは、何年ぶりだろう…
多分生まれて二回目だw
夜はすき焼きを用意してくれててウマーでした。
ネギは兄が育てたネギです。
獲りたてウマー

翌朝はノンビリ8時半起き。
夏にキュウリやってたときは5時頃に起こされたりしてたのが嘘のようです。
とはいえ、なにもしないわけじゃなくて、ネギ畑の世話に行きます。
ちょっとですが手伝いました。
まぁ、その時に撮った周辺の写真を。
081024_01
畑は犀川(さいがわ)の端にあります。
川べりから上流を望みます。
081024_02
やや川下側に向いてみる。
081024_03
陸に上がって、刈り取り後の田んぼ。
なかなかのどかな雰囲気。
081024_04
犀川の土手からネギ畑と家がある集落のほうをパチリ。
田舎ではあるけど、国道も通ってて、交通の便的にはそんなに悪いもんじゃないみたいです。
真ん中にいるのは兄ですw

朝9時半頃から11時過ぎまで、作業をしてこの日はおしまい。
しばらく兄の家に居て手伝いをしている父は草刈りをしていました。
私は機具を運ぶのを手伝いましたが農作業は手伝っていませんw
写真撮ったり、自転車に乗って辺りをグルっとまわってたりしてのんびりしてました。

昼は新蕎麦を食べに連れて行ってくれました。
近くに良い蕎麦屋があるのかと思って、カメラなんかは置いていったら、なんだか40分くらいかけてやたら山奥のほうまで連れて行かれて焦りました…
美麻という蕎麦で有名なところらしい…
新蕎麦の時期ということで、結構遠くから来る人もいるようで、岡山ナンバーの車とかもありました…
待つこと40分、さっぱりしたカンジの蕎麦で、ずずずいっと大ざるを食べきりました。
美味しかったです。
個人的にはもうちょい蕎麦っぽさが強いほうが好みでしたが…
店の名前は美郷ってとこでした。
ここと山品っていう2つの店がこの地区のTOP2らしいですね。
で、食後にはまた温泉に入りましたw
2日連続温泉ウマー

で、車で地図を見てたら気づいたのが、なんと、この美麻地区、木崎湖のすぐ近くだったのですううううう!!!
温泉帰りに、海ノ口駅に寄ってもらいましたw
初海ノ口!!!!
兄の家から穂高駅に行ってもらえれば、そう遠くないので、そのうち行こうと思ってたんですけど、思いがけずの初海ノ口ですよ。
思いがけなさ過ぎてカメラは家に置いたままですorz
まぁ、ほんの数分駅舎を覗いただけだったんですけどね~
こぢんまりとしつつも、掃除もこまめにされているようで、綺麗な駅舎です。
そして一角におねがいシリーズコーナーがw
ポッキーの箱がもっさりw
ミニフィギュアなんか置いてあってオタの聖地っぷり丸出しですw
ノートがあったので、一言だけ書いてきました。
来夏にはちゃんと木崎湖ウォーキングとかもしてみたいなーとかって。
一瞬の海ノ口詣でを終えて、帰路へ。
戻った後はしばらくして、さらに本当の家に帰るだけですー
自分で抜いたネギを一本リュックにさして帰路へ。
帰りはよいよい、松本からあずさで帰りましたー

ネギは鳥モモと一緒に焼いて食べました
ウマー

東京MXテレビでかみちゅ再放送スタート!!

2008年10月11日 00:16

MXテレビ版公式HP

なんつーか、アニプレの本家公式HPよりすごくデキが良いんですけどw

というわけで、かみちゅ!10月11日22時より再放送開始です!


私はMXテレビ見られないんだけどねw
いや、DVDもってるんだけどねw

合間に宇宙ショーのCMとかやらんかなぁ…
かみちゅ!DVD-BOX&ブルーレイBOX発売とかにならないかなぁ…

やっとコードギアス見終わりました。

2008年10月11日 00:01

最終話は良かったです。
とくに、ナナリーとルルーシュに関係するシーンは良かったです。

ナナリーの前でも悪を演じきったルル。
最愛のナナリーの前で本心を偽り続けることは、非常に苦しかっただろうと…
しかし、それもある意味で覚悟完了していたからできたことなのかもしれませんね。
ナナリーにギアスをかけるまでのルルの静かな葛藤もグッとくるものがありましたねぇ…

ギアスをかけられた後、ルルをなじるナナリーもかなりタマラなかったなぁ(*´Д`)
ナナリーは最後の最後でやっと目を見開くことができましたけど、ぱっちり目の可愛い顔立ちで…でも、場面が切迫したところでしたから、そんな可愛らしい顔立ちをキリっと引き締まった顔にしていて、そこもタマラなかったですなぁ(*´Д`)

スザクも…序盤からずーっとルルの前に立ちはだかって、正義をひけらかすところに嫌気がさしていたんですけども、最後はルルの片腕となり、厳しい役割を担うこととなりましたねぇ…
最後の最後…ルルを討ち、仮面の中で涙を流すスザクに対しては、もう今までの疎ましさをいうのは消えていたようにも思います。
ルルの最期では、真実を知り、泣き叫ぶナナリーも良かった(つДT)
兄妹という家族的なものを超えた愛があったように思いますねぇ…
ギアスをかけたとき、ナナリーが正気に戻る前にルルがささやく「愛してるよ」ってのも実にじんわりときましたねぇ…

まぁ、このあたりの主要メンバーについてはわりとスッキリしたカンジがします。
若干疑問なのはC.C.様はその後どうするんですかってこととか、カレンとかリヴァルとか会長とか、生徒会メンバーはアレでおしまいかとか…
そもそも、世界はどうなったのよ…ブリタニア一極支配からルルしぼんぬしただけで、元の鞘に納まるのかとか…
まぁ、最後の扇とかナナリーの会談とか、あのへんが今後の世界のあり方を話しあうところなんだろうなとは思いますが…
準レギュクラスでは、藤堂と千葉も生き残れてなんかそれなりに進展してるっぽいし、オレンジはオレンジ農園でアーニャと働いててなんだか微笑ましいし、良かったなー
やーオレンジは本当に最後まで美味しいキャラだったなー
千葉は藤堂を引き止めるシーンで斜め後から見た横乳がやけに大きかったのが気になるなw
扇は氏んでいいよ^^ ヌゥさんはシングルマザーで育てるのが良いと思います^^

キャラ的にはやっぱりじっくり二年間やってきたぶん、思い入れもかなり強くなってて、キャラによって良し悪しの程度はあるものの、わりと落ち着くとこに落ち着いて良かったなーって思います。

とはいえ、やっぱり中盤から見られた画面の切り替わりの速さで散漫なイメージは最後の最後までぬぐえませんでしたね。
おかげで話のまとまりがすごく悪く感じられて、各キャラがどういう考えのもとに動いてるのかとか、見直さないと追いつかないカンジでしたよ。
で、見直す時間ないので、微妙に思惑を理解しきれないまま消化してたりもしてたわけですが…
それと、以前にも書いたけど、リアルな戦場でチェスごっこみたいなことをやってみたりとか、あのへんはまったく面白くなかった。
最終盤であれをやったもんだから最後の2話を見る意欲が沸かなかったんですよねぇ…
2期になって、やたらキャラを増やしたのがこういう散漫さに繋がったように思いますね。
まぁ、わりとキャラ的には立っていたとは思うんですけども、それらの思惑や行動をキッチリ描くには尺がぜんぜん足りないわけですね。
2期の失敗はそこかなぁって思いますよ。
ラウンズとかも多すぎだし、中国関連とか…ママンヌにしたって、突然出てきて電波ゆんゆんでさくっと死んじゃって、なんだかなぁって気がしますし、若本皇帝もあんな電波キャラにしちゃっておしまいじゃ、今までの権威とかそういうものがあっさり失墜しちゃったような気もします。
おかげでカレンあたりも捕虜になった後~終盤じゃ影の薄いキャラになったなぁ…
カレンだけじゃないか…最後はルル、ナナリー、スザク、シュナイゼルあたり以外はなんかもう完全にMOBだったな。
話の行方ってのもあるけど、ギアスの魅力の大きな部分ってのがキャラの良さってのもあったので、ここは勿体なかったですねぇ…

まぁ、ともあれ、2年間…
オリジナルの話でこれだけのものを作ってきたってのは、スタッフよくやったと思います。
お疲れ様でした。

せっかくだから、サイドストーリー的なものも拾っていきたいなぁと思うところではあります…が、どこにどういう展開をしてるのかとか、まったくわかってないのが困ったところですw
DVDのオマケだとかCDドラマだとか、漫画版(読むつもりはない)だとか、マルチに展開しすぎて、どこを拾えばいいやらねぇ…

前田様も現役続行(当たり前田のクラッカー)

2008年10月10日 01:55

スポニチの記事
引退とかいう話は一度たりともきいたことがないし、なぜこういう見出しになるのかわからん。
ともあれ、ここで合意ということはカープ残留も確定と考えて良さそうで、ほっとしています。
中国新聞ではFA権利取得選手に対して、球団から話もあるようだし、FA残留なんてこともあるんですかねー

記事にもあるように、今期は本人のできるという思いに反して、スタメンでの起用がほとんどなく、守備練習もしてなかったり…
来期に向けてキャンプからもう一度守備もできるというところをアピールして、新球場広しといえども、再びスタメンを張るくらいになってくれることを願います。
厳しい道のりだとは思いますが…
秋季キャンプとかにも参加して走りこんでほしいですねー
あとは、もう一度フェンス際の処理とかを見つめ直して、緩慢だといわれるのを見返してやってくださいよぅ…
そこを直せばもうちょっと見方が変わると思うんですよねぇ…

ブラウンも続投決定のようで。

2008年10月05日 19:17

それならそれで全力で応援しますよ。

ただ、もうちょい投手関連のコーチの厚みを増やしてくれるとありがたい。
あとは前田様なわけですが…
ここはもう信じるしかないというところですね。
来年も基本的に代打ということになるんでしょうねぇ…
それならそれで、出すところではしっかり出してくれよ…

昨日の敗戦でCS進出&Aクラスは絶たれましたが、もう一試合。
来年に希望を感じさせる試合にして欲しいですね。
マエケンは来年は完全に主力として期待できそうですね。
9勝2敗、防御率3.20、投球回数も100を超えて109 2/3イニング
後半は完全にローテの一角として、終盤の粘りを支えましたよね。
新人王の目もあるんじゃないかと。
阪神の岩田はローテを守ってイニング数も多いですけど、負け数と防御率でマエケンのほうが上回ります。
最大の相手は巨人の山口でしょうかね。
イニング数はマエケンよりも劣る70イニング程度ですが、11勝と22ホールドで中継ぎとして巨人の終盤の躍進を支えてますね。
去年も一軍でいくらか投げてることがややマイナス評価とされそうですが。
しかし、やっぱりインパクトではマエケンが圧倒的だと思うよなぁ…
市民最終戦でのホームランもあるしね。

まぁ、明日が終わればオフシーズン突入ですが…
やきもきとする場面もありましょうが、新球場のこともあるし、なんとか戦力流出もないと信じたい…
前田様が一番の不安ではありますが…
東出は…大丈夫でしょう…
っていうか、来年は優勝争い確実で、これから伸びていくチームを後にするとかありえないよね。

選手が諦めずに頑張ってるのに私ときたら

2008年10月03日 13:58

終戦宣言とかしちゃって来期のこととか書いてて、恥ずかしいねもう。

それだけ。

なんも言えねぇ…

2008年10月01日 22:09

急転直下の三連敗。
事実上の終戦ですかね…
すげー気が抜けてなんも言えねぇ状態。

個人的には、CSがなくなったならブラウン解任路線で行って欲しいです。
CS逃した上でブラウン続投が一番最悪。
下手すりゃ前田様FAしてまうかもしれん。


追記
冷静に考えてみても、今のブラウン体制はパワーバランスが悪いと思う。
投手コーチの権力が弱すぎるし、コーチ陣の層が薄い。
幹英や澤崎が悪いということはないんだけど、権力がなさ過ぎる。
ブラウンに権力が集まりすぎてるように思う。
リブジーもブラウンの補佐ではあるけど、それ以外で役に立ってるのか疑問。

個人的には投手出身監督が良いと思う。
投手出身監督が投手コーチとともに投手陣を統括。
さらにヘッドコーチを置いて、ヘッドコーチが打撃コーチや守備走塁コーチとともに野手陣を統括する。
ヘッドコーチには監督並の権限を持たせる。
体制を二分することで、選手の管理がしやすくなると思うんですけどね。

監督のカリスマ性や指導力、そしてヘッドコーチには指導力とともに絶対的な信頼度が必要になる。
難しい問題ではあるが、そういう人選は可能なんじゃないかなぁと思う。
名前は挙げないけど。

しかしまぁ…シーズンも終わってないのに書くことじゃないかな…
なんかもう今日は疲れた…
[ 続きを読む ]