クリスマスでした。

2009年12月26日 02:22

091225_01
ケーキです。
しかし、なんでこう写真撮るのが下手か…
ボケボケですやん。

25日の仕事帰りに半額で買うのがデフォですw
3150円が1575円です。
24日に買う人の気がしれません。
去年今年と最寄り駅にある微妙なチェーンのお菓子屋さんで買ってるので、うめええええっていうケーキじゃありません(´・ω・`)
でも、ガナッシュたっぷりのチョコケーキは大好きです。
イチゴが正直未熟です…
まぁでもいちごショートよりずっといいわ。

おかんが珍しくこれまた売り切りのでかいピザを買ってきました。
おなかいっぱいでケーキがあまり美味しくありませんでした(´・ω・`)
甘いものは別腹じゃないんかい(´・ω・`)
ピザまだ2切れ残ってるので明日(というか今日)食べます。
ケーキもまだ3/4のこってるので今日明日でもっさり食べます。

PCがまた微妙な状態になったんで回復させるのに時間かかってこんな時間にクリスマスネタ…
スポンサーサイト



BSマンガ夜話 青い花

2009年12月24日 01:40

で、久しぶりのマンガ夜話視聴だったんですけど。
私がアニメで見ているのと、感想としてはかなり同じ印象で語られていましたね。
空気感、間…
余白から伝わってくる感覚…
アニメでも行間を感じられるような、そういうデキになってますよね。
原作ファン的にはアニメはどうだったんでしょうかねー

ちょうど今日DVDで見た杉本先輩の涙のシーンが重要シーンとしてとりあげられたのにはニヤリとしましたw

放送の中で、どういう立場から、どのキャラに感情移入して読み進めればいいのかがわからない、という声がありましたが、私としては、誰かに感情移入するというよりも、完全に客観的に、美しい箱庭を眺めるような、もう別の世界からの視点ですよね。
ファンタジーっていう言葉が使われてましたけど、ある意味そういう面もありますね。
そのへんが、現実に少女という時代を経験してきた女性達の、リアルとファンタジーのギリギリのラインっていう見方とは違ったところでしょうかね。

わりと理屈をこねまわしてきそうな印象のあるレギュラー男性陣なんですけど、空気を読んだのかどうか、理屈よりも感覚っていう、きゃんちの言いたげにしてたところを汲んでたカンジはしましたねw
村井さんっていう若い女優さん(?)が、わりとしっかりと自分の意見を言える子で、上記の杉本先輩の泣きシーンなどを挙げて上手く魅力を説明してましたねー
きゃんちは普段ネトスタとかで大雑把にやってる(印象)んで、説明ベタw

昔のマンガと違って、淡々と、淡々と物語が紡がれていくっていうような話もありましたが、ソレはあると思いますね。
そういうあまり起伏の大きくない物語の、ちょっとした感情の動きにビビっと気持ちを揺さぶられるような、そういうある意味、軽やかな詩のような感じ。
そういうマンガって増えてきてるんじゃないかなって思いますねー
[ 続きを読む ]

青い花DVD3巻

2009年12月23日 22:16

杉本先輩の涙にやられましたね。
っていう、5話~6話「嵐が丘(前後編)」です。
ここまで、いつも飄々とした漢らしさで、ふみや京子をはじめ、様々な女子を虜にしてきた杉本先輩。
前編である5話では、そういうモテっぷりが遺憾なく発揮されてます。
開演直前の控え室ではあーちゃんまで落とされそうになる始末w
とはいえ、ここで意外な本音を漏らしてるんですよね。
「緊張してる」って。
このシーンや、3話4話あたりに、このあとの杉本先輩の涙への伏線があるんですよねー
ふみとのキスのシーンでも緊張するんだよっていう話をしてますしね。
4話では、杉本先輩の本来持っている性格が垣間見られますよね。
姉と一緒に絵を書いて、各務に褒められて頬を赤らめるシーンや、藤が谷時代の図書館での姿は、漢らしさよりも、やや内向的な子に見えますね。
各務に振られたあと、藤が谷から松岡に転校して、その内向きな性格の上に漢らしい飄々とした仮面をかぶって…

で、嵐が丘が好評のうちに終演し、楽屋にねぎらいに来た、各務の一言。
「ありがとう」「えらかったね」

表面には出さないまでも、ここまでヒースクリフに打ち込んだのは、初恋の人である各務に見てもらいたいという想いが一番の理由でしょうからね。
その一言(じゃないけど)が、ある意味虚勢をはってきた杉本先輩の仮面を溶かして、思わず涙がこぼれてしまったんですねぇ…
「ありがとう」でほろっときて、「えらかったね」で赤面しつつぶわわっとなる2段階の泣きっぷり、言葉にならない喜び…
んー、いいシーンでした、おっさんの目にも涙です。
声優さんの芝居も上手でしたよね。

とまぁ、個人的にこの5話6話は杉本先輩独壇場といったカンジで、ふみvs京子+あーちゃんの喫茶店のシーンとか、奥平家ご一行藤が谷訪問とか、浮かれて花を買うふみとか、廊下を走るふみとか、いろいろあるんですけども、全部最後の先輩の涙に持ってかれちゃったカンジですねー
そーいや、ゆりえ様のMAKOも頑張ってましたねー
あと、ポスターのキャサリンがやたら色っぽいのに、あんま映らなくて惜しいよなとか、各務先生は容姿的にもフツメンなわりにやたらモテまくり(杉本姉妹だけじゃなくて、他にも多そう)だよなとか…お嬢様女子高の部活の担任とかタマランよなとかw
なにげにもりだくさんな3巻でしたね。

次回予告もないんでどうなっていくんかようわかりませんが、杉本の気持ちの方向に気づき始めたふみと、このあとどうなってくのか…
まぁ、多少は知ってるんですけど、どういうカタチで進んでいくのか楽しみですねー

ちなみに、今夜のBSマンガ夜話は原作の青い花が取り上げられてますね。
原作だと知らない部分も多いと思いますけども、今回久しぶりに見てみたいと思います。

久しぶりに中山に行ってきた。

2009年12月13日 18:09

自転車で15分と近いわりに、あんまり行かないんですよね。
今日は父が船橋競馬とのコラボイベントのチラシをもってきてくれたのですが、本人は旅行に行ってしまったので、本日のみのくじ引きみたいなのを引くために私が行ってみました。
見事に最下位のションボリしたアイテムをもらってきましたがw

お昼すぎの7Rから参戦。
パドックで良さそうな馬とスポーツ新聞を見比べて馬券を買います。
正直パドックで当たったことはあまりありませんw
毛ヅヤや入れ込み具合なんかがわかる程度です。
しかし、今日は意外にもパドックで好印象だった馬が好走して、楽しかったです。

7レースはあまり時間をかけられなかったのですが、1・2・6・9・103連複5頭10点100円づつ(1000円)の私の基本的な買い方で当たりました。
幸先良いですね。
一番人気がこけたので割と人気寄りだったわりに4710円ついて良かったです。
しかし、8レース1・10・12・13・14)、9レース4・6・7・11・13)と買って、1着2着の馬は当たるものの、3着で外してなかなかあたりません。
残念だったのが10レース5・9・10・11・15)で、やや人気薄めの4番人気6番人気の馬を買ってたのは良かったのですが、さらに人気薄の11番人気の馬が逃げ切りで勝っちゃって、取れませんでした。
2着の10番がパドックでイレこみまくりだったんですけど、嫌な入れ込みじゃなさそうなカンジだったので買ったら2着に着たのが気分良かったです。
やんちゃなカンジで、気性が原因で負けてて、前レース後に気性改善のためでしょうか、障害練習をしているというのが気になったんですよね。
ルールプロスパーという馬、次は狙い目ですよっ

中山メインの11レースはダート重賞のカペラSでした。
7番の馬が安定した成績でかぶり気味の人気ですが連は外せません。
そして、ダートでは特に関東よりも分のいい関西馬が多数いて、さらに調子の良さそうな馬も多く、難しい馬券でしたね。
7番に加えて、休み明け2戦目で過去にOP勝ちもあり安定した成績ながらもやや人気の落ちる4番、そして勢いのある上がり馬の13番を軸にすることに決めて、気合の3連単で行くことにしました。
4・7・13→4・7・13→1・4・5・7・13・15)のフォーメーション24点2400円の勝負!
3連単だとこういう買い方が多いです。
結果的には3着に人気薄の一頭が飛び込んで涙><
まぁ、3~5着はどれも買ってないので完敗ですが。

さて、今日のメインディッシュはG1レース阪神ジュベナイルフィリーズです。
このレースは1着2着を順番に当てる馬単を買いました。
ここまで3着が上手く当たってなかったので、安全策をとりました。
買った馬券は6・10・16・18→2・6・8・10・15・16・18の24点2400円です。
新馬戦快勝で1戦1勝の10番をどうしようかってところだったのですが、勝ちきる可能性もアリと見て買いました。
コレを切れれば、3連単で中山とおなじような買い方もできて、万馬券も取れたのになぁと後悔。
やはり競馬は難しいです。
まぁ、結果は関東馬の1~2着で、馬券も取ることができたので、良かったです。
2着はアニオタ御用達のアニメイトバイオですしねw
テイエムプリキュアといい、このレースはオタ馬が来る傾向なんでしょうかw
勝ったアパパネは、夏の新馬3着から休み明けで未勝利→特別とマイル戦連勝からのG1制覇で、能力の高さを見せたカンジですね。
来年の春もこの馬が主力ですかねー

中山最終レースは買わないで帰ろうかとも思いましたが、芝のマイル戦だったので参戦しました。
あまり調子の良さそうな馬が少なそうだし、能力が抜けているような馬もいなさそうな中、11番だけは2着2着と比較的好調そうだったので、一本釣りです。
3連単で11→1・6・8・12→1・6・8・12の12点1200円。
阪神で当たったので1番も加えて手を広げてみました。
が、結果は完全に信頼した11番が凡走で最後に来てまったくのスカ馬券でしたw
やっぱり競馬は難しいですね。
府中1400mと、中山1600mには200mという数字だけではない大きな差があるように思いましたね。

全体的な結果は7R中2R的中、10000円つかって8420円の戻りです。
全レースハズレなんてこともよくあるので、御の字です。

残念だったのは、冬場の気温でパドックがあんまり馬臭くなかったのが残念でしたw
馬の汗とか、ボロ(フン)の臭いがしないのはちょっと寂しいですねw
ずーっと嗅いでるのは嫌ですが、たまに行ったときくらいは、そういう生のニオイが感じられるほうが楽しいですね。

まぁ全体的に楽しい一日でした。
次(開催中の)中山に行くのはいつかなー

近況その3 アニメの話

2009年12月07日 20:07

091207_01
かみちゅ以来、久しぶりにBOXじゃないDVDを買ってます。
青い花です。
本来なら放送を録画して保存すればいいかなっていうところなんですけど、千葉で放送してたGA(美術科の)を優先して失敗しました。
反省の気持ちも込めてDVDで見ることにしました。
作品としては非常に満足です。
でも、副音声でコメンタリとかなんかついてりゃいいのになって思います…DVD高いんだしー

青い花のいいとこは空気ですね。
画面の中を流れる空気が、見ている側に伝わってきます。
街の風景、そこにいるキャラクター、それぞれの感情…ビリビリ伝わってきます。
こういう作品はイイですねー
美術がしっかりしてる作品は良いですね。
舞台になってる鎌倉にも行きたいです。
今は寒いのであったかくなってからw

主人公の一人、ふみちゃんはガチレズで、従姉にマジ惚れしちゃってたり、関係もあったりしちゃって、従姉の結婚で結果的に振られたところをまた杉本先輩にアタックされて惚れちゃったりと、気の多い、というか、依存しがちな子なんですけども、身長が高かったり、真面目な眼鏡っ娘だったり、結構私好みですw
もう一人の主人公、あーちゃんは普通の子、でも面倒見が良くて、昔から気弱なふみちゃんを気遣ってたりするとてもいい子。
超がつくブラコンの兄貴にストーキングされながらすくすく育って(体以外はw)ます。
気の多い、ふみちゃんと、優しくてしっかりもののあーちゃんと、二人の10年ぶりの再会から物語は動き始めます。

その一言は 10年の月日をかるくとびこえた

んー、いいキャッチです。
ガッと、一瞬でハートをわしづかみにした感じが良く出てます。

まだ、ちゃんと見たのは4話までなんですが、ふみちゃんとあーちゃんの鉄壁の友情、そして、ガチレズふみちゃんの恋の行方、彼女らを取り巻く洗練された登場人物たちの、行く先が楽しみな作品ですねー

~~~~~~~~~~

で、もうひとつ映ってるのがARIA The NATURAL DVD-BOXです。未開封ですが。
ARIAシリーズは全部BOX揃えます。
第1シーズンのBOXも買って封をといてからずっと見てなかったんですけど、先月あたりから少し見始めて、この前1期全部見ました。
やっぱいいですなぁ…
2期は26話あるんでもうちょっと余裕のある時期に見ようと思います。
ちなみに、サントラや主題歌などの音楽が入ったARIA The BOXとか、ドラマCDのBOXまで揃えてますw
言うまでもなく、ARIAも空気が素敵な作品ですね~
良い意味での軽さがあるので、かみちゅ同様、これから何度も見続けていく作品になること間違いなしです。

~~~~~~~~~~

さて、今シーズンのアニメの話…
時間割すら作ってない^^;

ので、急遽5分くらいで調べてみましたが、本数は15本くらいで少なめですねぇ…
月曜とか見るアニメナシですよ。
楽しんで見てるのは、一番はバカエロアニメ「そらのおとしもの」ですねー
結構話題になった空飛ぶパンツから、一貫してバカとエロがいい具合にミックスしてて、見ていて楽しいですw
あとは、その直後にやってる「聖剣のBS」、ROで騎士とBSやってる者としてはなんだかんだ気になります。
あいなまさん演じるリサもカワイイし。
倉田脚本の百合作品「ささめきこと」も結構楽しんでます。
作者が青い花のファンで影響バリバリだとかってウワサも聞きましたがw
まぁ、青い花と比べるとギャグ寄りで、繊細さとか心情描写とか、全体的な世界観とか、足りないところが多いですけども。
あとは「DTB2期」ですねーやさぐれヘイさんと、蘇芳&ジュライのお子様コンビ、モモンガになっちゃったマオ、さらには未咲(元)課長とか、新旧のキャラがイイカンジに物語を展開してますね。
相変わらずおにゃのこがよく死にますけど^^;
銀ちゃんがほとんど表に出てこないのが残念ではありますが、ヘイやさぐれの原因だとか、いろいろ複線として重要なキャラであることはかわらないようで…
1クールってのが物足りないですけど、逃避行の結末がどうなるか楽しみですね。
あと、趣向はかなり異なりますが、「ミラクルトレイン」もカナリ面白いですw
駅擬人化というぶっ飛んだ設定もさることながら、毎回やってることが破天荒で、とくに昨日の放送あたりは地下鉄が地上を走ったり、川を航行したりで腹いたくなるくらい笑えましたw
個人的には、昔住んでたとこの最寄である北江古田が出てきてくれると嬉しいですw

作品としては、とりあえずこんなところでしょうか。
あと、けんぷふぁーの会長とか、レールガンのこのり先輩とか、好みなキャラは結構いますねー

もう12月で、残り少ない作品が多いですけども、相変わらずそれなりに楽しんでアニオタやってますっていうところでしょうか。

「宇宙ショーへようこそ」公式サイト開設ですよ

2009年12月05日 03:26

2008夏公開予定だった宇宙ショーへようこその公式HPがようやく発表されましたよ。

かみちゅ!のベサメムーチョ(舛成、倉田、落越P)の新作です。
時間をかけて(主に舛成たんがだと思うがw)つくっただけあって、かなり満足の行くデキだとか、かみちゅでも関わってたアニメーターの方がブログで書いていますね。
そして非常に困難を極めた作品であったとも…
まぁ、正直、一般的な知名度や実績のない舛成作品ですから、あんまり公開規模は大きくはないんだろうなぁとは思いますが…
オタの間での知名度、好感度は非常に高いので、せめてオタたちが地方でもムリせず見られるような規模ではやってほしいなぁと思います。

かみちゅ信者な私としては、来年夏の一番の楽しみということになりましたねー
アニメ誌なんかでもしっかり取り上げて欲しいなー

テンプレートを変えてみる

2009年12月01日 04:03

S川氏のブログのタイトルの写真が素晴らしい(主に海幸山幸号とかw)ので、マネをしましたw

以前撮った写真たちは、記事が古くなると誰にも目を留めてもらえなくなっていきますから、そういう写真がまた出てくることでこういう場所にも行ったなっていうのを、自分でも再確認できて良いかなと。
まぁ、上手な写真じゃありませんけどもね。
とりあえず、6枚くらい入れてみました。
撮ったはいいけど、ブログにとりあげずにカメラに入ったままで、載せたいなっていうのも何枚かありそうなので、いずれ増やそうかなと。