今季初の対外試合

2007年02月22日 01:15

今日は始めての対外試合でしたね。
練習試合とはいえ重要性はオープン戦とほとんど変わらないはず。

初回、先発に起用された大島がいきなり2点を失ったものの、制球を乱しての失点ではなかったようで、3回を初回の2失点で切り抜け、無四球だった点については良かったのではないでしょうか。
でも、今までも初回に痛打されて試合が決まってしまうようなことがあっただけに、やっぱり初回から抑えてほしかったです。
やはり序盤での大きな失点は試合を壊しますからね…
中継ぎ陣も失点こそ少なかったものの、7四死球と制球に苦しんだ様子で、課題を多く残したみたいですね。
しっかりせい!

打撃の方では湿りがちだった新井が初回からしっかり打点を稼いで3打数2安打2打点と4番らしいところを見せてくれて、ほっと一息。
6回には巨人からテストで入団した大須賀がチャンスをものにして逆転の一打を放ち、一軍争いへアピールしたようですね。
守備のほうも紅白戦から内野ならどこでも守れるようなユーティリティプレイヤーとしてアピールしているようですね。

気になるのは梵の足の故障ですが、本人も問題ないと言っているので、大きなケガではないようで一安心。
やはり自主トレからキャンプと繋いできて、皆体が疲れて一番辛い時期と口をそろえて言うような時期ですね…
体の疲れから緩慢なプレーをし、そこからケガをするなんてことも無きにしも非ず、なので、注意してほしい時期ですね。
この時期を乗り越えてこそ長いペナントを戦えるという面もあるし、気合と踏ん張りで乗り切ってほしいところですね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hekiunderseven.blog92.fc2.com/tb.php/38-4185c5a3
    この記事へのトラックバック