CLANNADは人生

2008年12月19日 23:58

とはよく言ったもんです。
そうか?

アフターストーリー序盤は、寮母さんの話は良かったけど、春原の話とか、ゆきねぇの話で、DQN祭りみたいな感じもあってイマイチだったんですけど、やっと本筋の智也、渚の話になってきて、じんわり響いてくる今日この頃です。
今まで彩りを添えてきた他のおにゃのこたちの出番がほとんどないのはちょっと寂しくもありますが。

で、昨日の12話はさすが人生アニメ(笑)というところを感じさせてくれました。
智也とその父親の関係ってのが、ちょっと気になるポイントなのですよね。
私は母方の祖父のことをまったく知らないのです。
なぜかというと、私の母と母の父は、(多分)智也とその父の関係みたいなもので、いつの頃だかは知りませんがまったく接点を持たずに亡くなってしまったのですね。
おかげで私は顔も知らないどころか名前すらも知りません。
話もほとんど聞いたことがありません。
家族を顧みない人だったという母のフィルターのかかった情報程度ですw
まぁ、ソンな微妙なところで智也に感情移入しながら見てたりしつつ、人生を感じたりw

父親とのことや栄転話がなくなって落ち込む智也と、それを癒す渚…
そしてプロポーズと、しんみりするいい話です(つД`)

で、最もこころに響いたのが、次回予告で早苗さんが言った「道はひとつじゃない」っていうセリフ。
きっこさん以外の誰が言ってもここまではこころに響かなかっただろうなぁ…
さすがだ…
道はひとつじゃないっていう、これこそが人生だと思ったり。
我が人生の一曲、中村隆道の「岐路」っていう曲の歌詞の一節に、そういうニュアンスの歌詞があって、それを思い出させたり…

ソンなわけで来週が楽しみ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hekiunderseven.blog92.fc2.com/tb.php/476-13d36dc8
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第12話 「突然の出来事」

    CLANNAD AFTER STORY 3 (初回限定版) [DVD]クチコミを見る 夏・・・毎日忙しく働く朋也に、ある日新しい仕事の話しが舞い込んでくる・・・。