10~12月期のアニメの感想

2012年01月23日 17:24

遅くなりましたが秋季のアニメの感想をサックリと、アニメ調査室(仮)さんの調査に参加しつつ書いてみたいと思います。

評価基準はコンナカンジです。
S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可

(リストは次の行から)
2012冬調査(2011/10-12月期、終了アニメ、24作品)

01,UN-GO,C
02,君と僕。,F
03,gdgd妖精s,B
04,ベン・トー,D
05,Fate / Zero,B
06,マケン姫っ!,E
07,はっぴーカッピ,x
08,ダンボール戦機,x
09,C3 シーキューブ,D
10,輪るピングドラム,B

11,僕は友達が少ない,C
12,WORKING´!! (2期),C
13,たまゆら hitotose,S
14,世界一初恋2 (2期),x
15,侵略!? イカ娘 (2期),B
16,境界線上のホライゾン,S
17,真剣で私に恋しなさい!!,D
18,森田さんは無口。2 (2期),x
19,フジログ 第2シーズン (2期),x
20,ぬらりひょんの孫 千年魔京 (2期),x

21,アイドルマスター (THE IDOLM@STER),A
22,ましろ色シンフォニー The color of lovers,C
23,ひだまりスケッチ×SP (特番 4期),x
24,こぴはん (ネット配信),x

(以下、自由記入)
{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)
S評価はたまゆらとホライゾンでした。
・たまゆらはARIA系の流れを踏襲したサトジュンオリジナルのまったりアニメで、ゆるっとした雰囲気が心地良いですね。
登場人物の可愛らしさに癒されますし、広島贔屓の私としては竹原が舞台というのがまた重要なポイントですね。
ほぼろさんのお好み焼きとか、おばあちゃん&のりえが作るお菓子とか、どれも美味しそうでタマランです。
ぽってやしほみさんに釣られて写真を撮ってみたくなりますね。
ゆるすぎて物足りない部分もあるんですけれども、BDを買いつつ、続編でのさらなる掘り下げや広がりに期待しつつ、ちょっと甘めのS評価にしました。
グッズとか興味ないんですけどももねこ様ぬいぐるみが欲しい今日この頃。

・ホライゾンは、物語の壮大さに期待の一作ですね。分割での2期目もすでに決定していますが、個人的にはさらなる長期シリーズにして、細かく丁寧に描いてほしいです。
1話目から登場人物がゴッソリ出てきて、キャラを覚えるのも、さらには壮大な世界観をつかむのも、解説してくれるようなファンの人のフォローがなければ厳しいようなカンジでしたが、そのへんをクリアすると物語の広がり方について非常に楽しみになってきましたね。
もちろんキャラクターが可愛いのは重要ですねー。女性キャラの性格や容姿、大好きです。
個人的には姉御肌な直政とかいいですね。あとは鹿角さんとか武蔵さんとかちょっと感情に欠けたようなところがある自動人形のお姉さんがたもイイですね。
男性キャラも主人公のトーリをはじめ、クラスメイトの面々とか、オッサン系のキャラも味があってイイ。
感情を少しづつ取り戻していくホライゾンとトーリの恋物語…その辺の丁寧な描写に期待です。
逆に言うと、2期以降が雑になっちゃうと興醒めになるのでしっかりやってほしい。
バトルシーンも一騎打ちがあったり軍隊による乱戦あり、最後にはちょっと奇抜なカンジの戦闘なんかもあって多彩で楽しかったですね。

A評価はアイマス1作品ですね。
・アイマスはメインヒロインの春香さんを中心に、各キャラにスポットを当てつつアイドルとしての成長ぶりが描かれていましたね。
少しづつ登りつめていくのは視聴者=ファンという目線からして嬉しくもあり、ちょっと離れていくようで寂しくもありといったような気分になりましたが、そういう寂しさを終盤の春香さんが代弁してくれたようなカンジで、最後には初心を忘れずという形で人気になっても変わらない、それぞれの良さを見せてくれてよかったです。
原作は未プレイで、だいたいのキャラの概要程度の知識でしたが、個人的にはプロデューサーになった律子さんとか、おっとり系お姉さんのあずささんとかの年長組が好きですね。千早も放っておけないカンジの子です。
アニメではやよいの家の話とか、あずささん&真のウェディング撮影のハプニングの話、響の動物たちとの絆を描いた話、律子さん復帰の話なんかが良かったですね。
一部のキャラは成長してからの出番が少なかったりして、まぁ仕方なくはあるんですけれども、そのへんの描写がもっと見てみたかったところですねー
半年間楽しかったです。

B評価はgdgd、Fate、ピンドラ、イカ娘ですね。
・gdgdはアニメ作品っていう視点ではないんですけれども、3人のゆるくてgdgdなトークが楽しかったです。
シルちゃんの投げやりな感じとか、真面目なピクちゃんが可愛かった。中の人の人間性とかもあるんでしょうねw
コロちゃんは個人的には3人の中ではちょいと微妙w
・Fate
さすがの話題作だけあって、各キャラの人間的な作りこみの深さは随一なカンジですね。
サーヴァント、マスター、その周りを取り巻く人間たちの思惑、非常に丁寧に作りこまれていて惹きこまれます。
戦闘シーンも、迫力があったり、戦いをする場所によっては静かな駆け引きがあったりと、丁寧に描かれていて素晴らしい。そういう客観的な面ではS評価でも良いでしょうね。
ただ、個人的に物語全体の暗さが苦手なのと、キャスター組の二人が絶望的なまでに嫌悪するタイプなので、その二人がえらくでしゃばってるというのが個人的な評価を下げた最大の要因ですね。2期目に引っ張る必要あったのかなぁって思います。
キリツグとセイバー、遠坂とアーチャーの(組み合わせ的な)ミスキャストぶりとか戦略的なチマチマとした部分を、豪放なライダーが吹き飛ばしてくれる、そんなところが魅力でしょうかね。
ライダーがやられちゃうと激しくつまらないことになりそうなので2期ではウェイバーライダー組に期待ですよ。
・ピンドラ
ウテナ以来10年以上という長い雌伏の時を経て復活した幾原邦彦作品。
正直ウテナはもう細かいところは忘れちゃったんですけど、相変わらずのトリッキーな画面の作り方で、この時代になってもどこか前衛的な雰囲気が漂いますね。
3人兄弟妹が中心の物語で、家族の愛情を超えたような背徳的な雰囲気さえも漂わせる作風も相変わらず。
大きな話の流れとして、死の淵に瀕した陽毬を救うためにピングドラムというわけのわからんものを手に入れろっていう話になるわけですが、リンゴからの日記奪取に費やした1クール目、兄弟やそのほか登場人物各キャラの生い立ちから目的、ピングドラムがなんたるかを明らかにしつつ物語の収束に向かっていく2クール目…ちょっと全体的な話のバランスが悪かったように思いますね。
リンゴからの日記奪取に時間を割きすぎて、中盤以降、とくに終盤の話の流れが窮屈だった。
題材のベースになったのが地下鉄サリンにオウムっていうのも、まだすんなり受け入れるのが難しい題材ですね。
あと、個人的にションボリなのが、登場人物が揃いも揃って全員不幸キャラ…みんな性格が暗い…
リンゴが明るく振舞っていたのと陽毬のほんわかしたところは癒しでしたけども。
せめて最後にみんなが幸せになって、陽毬の子供の頃の夢だった3人組で、ダブルHに加入してHHHになりましたくらいの大団円でも良かったじゃないって思うんですけどね。
EDもHHHだったし、そういう風になってくれるかなぁと期待してたんですけれども…
ハッピーエンド好きには正直寂しすぎる締めくくり方だったなぁと思う。
・イカ娘
安定した侵略ぶりとかわいらしさでした。
とくにミニイカ娘の冒険エピソードが可愛かったなー
微妙なオチも安定でしたw
見ていてほんわかするイイアニメです。

C評価はアンゴ、はがない、わーきん、ましろ色ですね
・アンゴ
正直あんまり集中して見てなかったので特に不可とするようなカンジでもなかった的な消極的評価なんですけれども。
推理ものなのかオカルトなのか、何とも言えないカンジで、正直どちらも興味の薄いジャンルで細かいことはどうでもいいんですけれども(投げやり)
眼鏡のお姉さんが良かったのと、久しぶりの松本まりかの絶妙な棒ぶりと、これまた久しぶりのへきるの微妙な芝居(好きなんですよ)が聞けたのが良かったですね。あいなまさんはミスキャスト。
・はがない
友達なんて飾りです。一般人にはわからんのです。ていうかお前ら友達だらけじゃねえか!
典型的な萌え特化型のラノベ原作アニメ。おにゃのこたちは可愛いですけど、それだけですね。話は微妙。
萌えだけが売りなんだから、もうちょっと作画的に頑張ってほしかったですね。
・ワーキング
相変わらずの安定したファミレスgdgdバイトラブコメで、ぽぷらせんぱいもちっちゃくてかわいいし、いなみちゃん、八千代さん、眼鏡っ娘松本と、可愛くて良いんですけど、個人的に好きじゃない山田がやたら推されてたのとか、カタナシが妙に性格の悪いエピソードが多かったのがネガティブな印象になってしまった。
・ましろ色
うりゅー氏ねっていう…中の人も昔小唄氏ねの中の人だったりして。
エロゲ原作アニメなわけで、まぁおにゃのこもみんなかわいいです。むしろママンが美人過ぎてタマランです。
こういう複数のヒロインがいて各々攻略していくタイプのゲームのアニメ化において、どういうルートで作るかというのは毎度毎度問題になるところなわけですが、ましろ色ではみう先輩ルートで描かれました。
原作をやってるわけではないのでわからんのですが、そのルートに入るのはまぁいいとして、その前の段階でアイリと風呂入ったりなんだり、思わせぶりなことをしといてたいした後処理もなく先輩ルートに入ったのが腑に落ちないカンジでした。
アマガミみたいな全員ルートやっちゃうほうがいいと思う。

D評価はベントー、C3、マジコイ
・ベントー
お前らちゃんとしたメシ食えよ。
ていうか、スーパーで傷害に器物破損に業務妨害だなんだと犯罪しまくりじゃねえか、とマジレスするのは無粋なわけですが。
正直スーパーでの半額弁当を奪取するべくバトルするっていう設定からして面白くないし、キャラの魅力もあまりなかったですね。
・C3
C3はまぁキャラは可愛かったんですけど、話がつまらないし、映像的には正直嫌いなタイプの作り方。
まぁ、シャフト仕込みの大沼だし、そうなるか。
・マジコイ
エロゲ原作で、キャラクター的にはましろ色あたりよりもエロくて好きなカンジなんですけど、中盤以降の話が圧倒的につまらなすぎました…
作画も加速度的に酷くなっていった気がする。

E評価はマケンキ
・マケンキは…まぁ、おっぱいとかぱんつとかBDとかで見たい人向けなんでしょうね。
それ系なのはまぁそれでいいとしても、そういう作品でありながらキャラクターにちびりとも魅力を感じないところが致命的。
誰かしら一人二人引っかかってもいいだろって思うのですが、皆無って酷い。

F評価は君と僕。
・君と僕は…男の子のゆるゆる日常アニメ見るならもう一度ホライゾン見たほうがいいって思った次第。
せめて序盤に可愛いおにゃのこが絡んでくればまた違ったんだろうけども…
青い花のキャラデザの人だっただけに残念。

(リストはここまで)

以上。


コメント

  1. lucam | URL | NNh7QDO2

    またまたお久しぶりです

    あれっ ギルクラは?w
    そーいや未来日記とかも(自分は一話で切りましたが)
    バクマンやファイブレインもないので続きものは除外ということかな?

    個人的にホライゾンは初回から苦手で結局観ておりません...
    キャラが好みでないのと、あのゴチャゴチャした雰囲気がダメだった(汗
    ていうかUN-GOはもっとやらないと~敗戦探偵含め因果・風守コンビが面白くなってきた矢先に
    結局いい所で終わってしまい、激しく劇場版が観たくなってしまったw DVDが欲しい...
    (Fateといい見応えのあるモノはどうして二分割するんだろう、そういや神様ドォルズも)

    そのギルクラも夏待ちと時間被って途中から見れなくなってしまったし...
    アクエリオンで梶君が似たような役やってるので、まっいいか?(苦笑
    ピンドラも途中から少し面白くなってきたけど同時に配信で追いかけられなくなり...
    とりあえず1月新番組はラグランが漏れなくWEBで観れればよいかなというところです

  2. へき | URL | lJ6kSN9g

    続いてるのはこの調査では含まれませんねー
    追記で書こうかとも思ったのですがながくなってたのでやめました^^;
    楽しんで見ていますけど、集のヘタレぶりにイラつくことが多いですね…
    1クール目では集が周りの人間に対して常に壁を作って接してるせいで、どうもキャラ同士の距離感が遠くて、それがハマリ切れない要因になってた気がしますね。
    あの夏はやっぱりおねてぃとか好きだった世代だといろいろと楽しいですね。
    監督は井出氏から長井氏に変わったし、純粋なおねがいシリーズなのか?っていう疑問もあるんですけど、檸檬が苺だったり、イチカの思い出の場所の話なんかも、なんとなくおねてぃとの関係を匂わせていてそのへんも今後どういう風になってくのか楽しみですね。
    あの花スキーとしては長井監督、田中キャラデザがたまらんです。
    バクマンは相変わらず熱くて楽しいし、未来日記は相変わらずゆのさんが怖くてたのしいですよw
    ファイブレインは見てないですけども…
    ラグランジェはとりあえず3話までのツカミとしてはいい出だしになりましたかね。
    大人キャラ達に魅力がないのがちょっと不安ですけども。

    梶君というのはNO.6あたりからギルクラくらいでようやくこの人なのかってわかるようになりましたがヘタレ役が多いですねw
    芝居がうまいってことなんだと思いますが、本気でイラつくレベルのヘタレ演技ですねw

  3. lucam | URL | NNh7QDO2

    >梶君
    黒執事ではもっとおバカっぽいショタやってたんですけどねw
    No.6でなんだ、やれば出来る子なんだと実感→その後ギルクラ、アクエリ
    その他の主役ラッシュは驚きでしたが(しかも総じてヘタレあほの子担当)

    ギルクラ自体は当初の期待が嘘のように映像の緻密さに反して中身の薄い展開が続き...orz
    罪の王冠というタイトルにしてはカタルシスがなさすぎで、結局何がやりたいのか分からないという
    後半で諸々謎などが徐々に明かされていくのでしょうけど、もう少しやり方なかったのかな、と
    (ピンドラも前半がつまらなすぎたし、両者とも勿体無い限り)

    同スタジオ(I.G)ということで比べては何ですが、ラグラン(ラグりん?)が最初から
    視聴者の心をグッと掴んだのとは対照的...同様に未知数体験に巻き込まれていく主人公
    それでも、やはり気持ちや対応の仕方が全く違うのは男子と女子の違いなのか?とか
    ウジウジ男子とあっけらかん天真爛漫女子...まあ作風の違いもあって一概には言えませんが
    個人的には、まめぐラスマス・フェイバー(昨年末、真綾最新アルバムにて初遭遇)
    OPにすべて持ってかれたのが最も大きかったりしますけど(笑

    夏まち...そういえば、まだ見れてないやー
    何気に監督があの花の人だったりするとか...何か妙な既視感は感じてましたが
    そのおねてぃの頃から始まり、かみちゅ、デュラララ、あの花、最新作ではラグランと...
    近年、聖地巡礼作が本当に多くて、何か地図リストみたいなものを作って欲しくなるw
    実際に各地を廻った人とかがそういう総合サイトでも立ち上げてくれたら面白いんではないかと
    まあ色んな作品があるので(例えば黒執事やエマで英国訪問とかも?)ファンによってどうしても偏りがちですが

    バクマンといや、何気に青木嬢が可愛くて妙にときめいてしまったw
    ていうか作画が中山由美で、さすがに女の子含め絶妙な上手さでした~
    反面ファイブレインはキャラに魅力なさすぎで、どうにも...パズルも結局退屈(汗
    気づけばベントーC3も、いつのまにやら脱落~
    結局たまゆらも途中までしか見てないし(天然スイーツ脳がムズムズ)近年は
    本当に心から観たいと思えるものにしか時間を避けなくなってしまいましたねー

  4. へき | URL | lJ6kSN9g

    2クールくらいなら全力で突き抜けてほしいもんですね。
    ギルクラは立ち止まりが多くてもったいない。

    巡礼関連はぐぐればだいたいどこかしらで出てくるので出かけるときは参考にしてます。
    あの夏あたりは、おねがいシリーズとの関係も匂わせてるから古参の巡礼好きがすでに特定してるんじゃないですかねw

    デュラララは、池袋っていうことで、昔はよく足を運んだ場所っていうこともあって、現在の物語でありながら、個人的にはどこか懐かしさを感じるような部分もあったりして。
    続きいつかやるんでしょうかね。

    バクマンでは、個人的には復活したばかりの岩瀬さんが好きですね~
    頭が良くて自信家とか好きです。

    そーいや、視聴環境の話ですが、前にもしたかもしれないんですけれども、BSを導入すると、ややタイムラグはあるものの、BS11でU局系のアニメもやりますし、BS-TBS、BSフジあたりでもアニメ枠あるので、かぶったりしたときは便利かも。

  5. 波美里 | URL | 9BCdj0Ls

    ましろ色観てました

    しかし、マングローブ製作とは思えないアニメだったなぁ・・・
    アマガミとかヨスガ方式って、予備知識なしで観た人は意味わかんない気がします。
    (ジョジョ読者だったら違う解釈しそうで面白いけど)

    >バクマン
    漫画家や絵描きにも評判いいですね。でも、話が面白いと思えないんだよな・・・上手いとは思うけど。

    >巡礼関連
    書籍化してたりもしますね。

    ラグランジェもあの夏もネット配信で観るつもりでまだです。そろそろ観ないと。

  6. lucam | URL | NNh7QDO2

    >ギルクラ
    むしろ今頃になってギアス(特に一期)の評価が脳内うなぎのぼりですw
    当時きちんと読めなかった小説版なんかも遅ればせながら読んだりしてるし
    やっぱりあのくらいのインパクトがないと全然ダメだということでつくづく反面教師なギルクラェ...

    >BS
    うーん...それができれば苦労はしないんですが(失笑
    TBS系列も漏れなく網羅できますしね、でも今現在の家計の状態ではとてもとても(汗
    つかウチの頑固親父がまずうんと言わないw
    ギルクラもリアルタイムで見れば問題ないんでしょうけど、まあ見れないだろうし...
    (むしろWEB配信でもした時にまとめて見た方が早い?)

    あとベントーについて遅ればせながら少し追記
    言わずもがな原作者の半額弁当への思い入れが作品テーマの動機でしょうが、
    要するにそれくらい逼迫した経済状態のモノドモが集った結果だろうとw
    (にしてもヘタレ主人公含め男子はともかく貧乏のイメージに女子はなぁw)

    個人的にも、それほど美味しそうには見えなかったけど意図としては解る...
    結局途中までしか見れてないので、それについて詳しく言及はできませんが
    飽和した消費社会の片隅のとある街中スーパーその他で激突する弁当奪取バトルの
    デフォルメされた馬鹿馬鹿しさというのを面白おかしく描きたかったんだろうなあ、という

    >バクマン
    岩瀬嬢といえば、劇中で漫画と小説どちらが上?みたいなことを言ってましたが、
    どっちも日本のエンターテインメントとしてはな昨今なので確かに比べる方がおかしいけど
    個人的に何か妙な既視感を覚えてしまったw 音楽業界と文芸作品(文壇)とかも同様だよなぁ...
    小説も漫画も行く行くは映画とかアニメ化されることもある、ということでライバル視されるのかとか
    (実際は妙に女子にモテるシュージンなわけですが)

    デュラララも裏僕も結局、原作続いてるのに終わったまんまだしなあ
    後半制作されるのが確定されてる作品はともかく、何だかムズムズしますなぁ...

    あ、そういやギアスは「反逆のアキト」で近々復活するみたいですねw
    何かアクエリオン並()に劣化しそうで今さら感が漂う気もするけど
    (つか谷口最新監督作はまだか...)

       

  7. 波美里 | URL | Fli2jNpc

    >劣化しそうで
    いや、そこは赤根監督を信用して(笑)
    手堅くハズレのないもの作りそうじゃないすか。
    つーか、脚本家が違うだけでもマシな物になりそうな期待が持てますよw

  8. へき | URL | lJ6kSN9g

    マングローブはましろ色で初エロゲアニメ?だったような。
    あんまり数作ってるスタジオじゃないんで覚えてないんですけどw

    >ギアス
    うーん、正直ルルーシュのいないギアスに魅力はあんまり感じないところ…
    BD-BOX出たら値段次第では買おうかなーとか思ってるんですけど、なぜかDVD-BOXしか出ない罠。

  9. 波美里 | URL | Fli2jNpc

    >マングローブ
    神のみぞ知るセカイは観てないんで、このテのアニメも作れるのかぁ・・・と。
    (サムライチャンプルーやErgo Proxyのイメージが強かったもんで)

    >ギアス
    水商売を題材にした漫画に例えるとルルーシュは「夜王」だと思うから、アキトは「ギラギラ」みたいな感じになると予想してるんですが・・・(分かりにくい例え)
    アクエリオンみたいな、キャラデザ変わって劣化して見えるってのはとりあえずはないようですね。

  10. アニメ調査室(仮) | URL | -

    ご参加ありがとうございます

    アンケートは回収させていただきました。
    結果発表は、'12/2/4の予定です。

  11. lucam | URL | NNh7QDO2

    >ギアス
    すみません、サブタイ間違えました「亡国のアキト」でしたw
    確かカレンの兄ちゃんだったと思ってたのに全くの別人?はて...
    http://www.geass.jp/akito/
    http://geass.at.webry.info/201201/article_1.html

    赤根監督は確かに手堅い方だけど、それだけにギアス真骨頂であるところの
    勢いが薄れそうで...?しかし脚本は誰なのだろう、まさかまた岡田マリー女史とか?w

    主役、入野に真綾かぁ...これはなんか期待できそうだw
    でも劇場版orz(正直今後、地震で日本中ソレドコではなくなるような胸騒ぎが)
    一応DVDなら一期二期ともに全部持ってますよw

    しかし亡国か...ギルクラが盛大にコケた?こともあるけど、正直TPPやら
    何やらで(超大国による植民地支配、汗)今頃ギアスを見直している昨今なのです
    ガサラキで助監督してた谷口氏はリベンジの如くその企画初期段階のネタでギアス作ってるし...

  12. lucam | URL | NNh7QDO2

    カレン兄は無関係だった模様

    >亡国のアキト
    どうやら主題歌は菅野よう子&坂本真綾(作詞は岩里祐穂)の黄金コンビのようで!
    ...とすると赤根監督だしギアスというよりエスカフローネぇ?(笑

    PVで流れてた破壊的エキセントリックな音楽は、まさしく菅野さん?
    別の意味で谷口ギアスとは異なる個性を持った作品になりそう...

    考えてみたらナオトじゃなくてアキトだったなw
    (某所で以前そんな噂があったものでつい勘違い)
    公式キャラ画の涼しげな目元に何となくルルーシュの面影が?
    今回の劇場版に何となくそのルルも間接的に出てきそうだとか


  13. 波美里 | URL | Fli2jNpc

    >ギアス
    すみません。ストーリーに勢いがあると思ったトキ一度もないんすよ。
    これに限らず今のアニメ(漫画もか)って昔の漫画とか実写映画(の一部)と比較したら展開遅いなーと思う。

    >亡国のアキト
    赤根監督はノエインやバーディの人なんで作画的な勢いなら
    期待できそうですが、ギアスであれやると今まで以上の顰蹙を買いそう…
    (でも観てみたい)

    >エスカフローネぇ
    TVと劇場どっちの? か気になるなw
    ヒートガイジェイ路線でもかまわんのですけど。

  14. lucam | URL | NNh7QDO2

    アキトはエヴァとか空の境界みたく数回に分けてシリーズ劇場化するようですね
    そこまで気合入れてるとか、ギアスプロジェクトとやら半端なし!?
    (テニプリや黒執事みたいに舞台化するというのにも笑ったけど...しかしロボはどうするw)

    いや個人的にギアスはそれほど(ガサラキほどw)思い入れがあるという
    わけではないんですが、思い切りのよい作劇の強引さ?という意味では自作的に
    非常に参考にしているんですよ...(劇中劇ならあれくらいやっても、だし笑)

    今朝もなぜかルルーシュの面した福山潤が学校の先生役で出てきた(爆
    校舎の二階から飛び降りて片足膝から切断するほど大怪我したのにケロッとしてたしw

    どっちにしろ真綾&菅野女史が加わっているということでも一見の価値ありです
    エスカ、ヒートガイJ、ノエイン...(未だ観てないけどバーディもそうだったのか)
    赤根監督も地味によい仕事する人なので何だかんだで、やはり期待大ですかねー


  15. へき | URL | lJ6kSN9g

    新ギアスは劇場版なんですか…
    わざわざ足を運ぶ要素には欠けるか…

  16. lucam | URL | NNh7QDO2

    訂正

    ×学校の先生役で出てきた
    ○学校の先生役で夢に出てきた

    これじゃなんだか解りませんね(笑
    まぁどうでもよいんですけど...

    まあ自分もわざわざ劇場までは足は運ばんだろうなー
    つうか、どうせ都内まで行かなきゃ観れないだろうし>新ギアス
    (交通費の方が高い映画鑑賞なんてorz)

    同じ理由でUN-GO劇場版とかもDVDリリース待ち組だし

  17. 波美里 | URL | -

    >舞台化
    こういう無茶が出来るのは、やはり聖闘士星矢のミュージカル(キャラが音速や光速で動く人達)
    って先例があったからなんだろうなーって思います。
    星矢は4月からプリキュアな新作が始まるらしいっすね。

    >ロボはどうする
    鉄人28号の舞台版みたくする、とか?

  18. ラタス | URL | uZA0Kw7A

    今さらですが、明けましておめでとうございます。
    大変すばらしい旅行をされたようで何よりです。
    私は数年前に酒田の土門拳記念館を訪ねたきり行っていません。
    秋田には千秋公園と、藤田嗣治のばかでかい絵が展示されている平野政吉美術館があったんじゃないかな。
    料理と温泉までは足を延ばしておらず、限られた旅行経験しかもっていませんが、あの頃から風景も変わったんでしょうかねぇ…。

    アニメはHDDレコーダーに録画したものを1ヶ月遅れで見ていて、そのうちまとめて見るつもりのピンドラは未見のままです。BSなんて! そこまでアニメを追いかける時間や余裕はとてもとてもありません。TOKYO MXだけでもうお腹いっぱいです

    ホライゾンは1話を見ただけで見切ったのですが、そんな高評価を受けるとは…、早まったかも。
    アニメの感想については、「はがない」と「ましろ」と「C3」は、絵がきれいならそれで良しと思っていました。という以外は、皆と同意見です。
    「アンゴ」は、時事ネタをうまくとりこんでいるなぁと感心していたんですが、メディアミックスをやりすぎたというか、劇場公開と雑誌連載までは追いかける時間がなかったと、それが残念でした。

    あと、リヴァイアスの作画監督たちがあちこちでいい仕事していたのを見られたというのがこの時期のアニメ鑑賞の収穫かも。リヴァのころから自分は何もしていないじゃんと鬱になるときもありますけど。

    リヴァそのまんま?なストーリー展開をしているギルクラには苦笑してしつつも、新番をちょい見した限りでは、これぞ正統派ロボットアニメ!な『輪廻のラグランジェ』がお気に入りかな。妹属性だろうと軽んじていた『パパ聞き』に惹かれたりしていますが。

  19. lucam | URL | NNh7QDO2

    >UN-GO
    その小説版が非常に面白いという触れ込みを聞き付け、早速今現在、鋭意読んでいる最中です
    (何気に世界観に惹かれた昨年度の電撃大賞作品「エスケヱプ~」と同時進行で、笑)

    正直TVシリーズは面白いと思いつつ見ながら、結局難解な内容を今ひとつ
    自分の中で消化しきれず(會川氏...)それでも来月円盤化される劇場版待ち...
    だったんですが、よいところでノベライズ版にめぐり合えたというカンジで
    (とはいっても劇場版ノベライズ+その前後話の追加という内容だけど)

    ノベライズといえば、やむをえず途中で切ってしまったギルクラも出てるけど
    (こちらは涯視点)どうやら結局半端な内容で終わってしまったらしい本編を何とか
    補える形になっているのかな?音楽が非常に良かっただけに、とにかく残念な作品でした

  20. アニメ調査室(仮) | URL | -

    アンケートのお願い

    再び、失礼します
    第24回2012年1-3月期終了アニメアンケートを始めてみました
    結果発表は、2012/5/5予定です
    ご都合がつきましたら、ご参加下さい

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hekiunderseven.blog92.fc2.com/tb.php/628-c645d261
この記事へのトラックバック