霧とかいう幻想的風景作成装置

2015年04月06日 21:09

今日は奈良の中心から南に位置する山の辺の道へ自転車で行ってみました。
先日書いたんですけど、約20年前、そのほんの一部分だけ歩いた場所へ再び。

桜はすでに5割からあるいは7割ほど散ってしまっていましたが、そのおかげで桜のあるところは一面桜の絨毯です。
そこに少し風が吹くと、残った桜からふわりと花が舞い、美しいの一言です。

さて、今日は雨が降ったりもして、あいにくの天気だったのですが、そのあいにくの天気とかいうやつも、場合によってはそれもありなのかなということで。
山の辺の、山々にかかる霧。
すっきり晴れていれば、山並もさわやかに見えるのでしょうが、霧にけぶって山並が見え隠れする様は幻想的で、これはある意味で晴れているときよりも美しいのではと思える風景なのでした。

幻想的な山と里の境界、そして古墳三昧の一日でした。
また訪れたい、ゆっくり歩きたい場所でした。
帰ったら、やっぱり久しぶりに銀の海金の大地を読むことにしますか。
ちなみに近鉄奈良から桜井まで、直線距離で約20km、往復40km、曲がりくねったり寄り道なんだりで+10kmくらいですかね…
50km近くは走ったでしょうかねー
歩くよりは楽ですが、やっぱり疲れました。

そういえば、近鉄で境界の彼方コラボキャンペーンみたいのやってて、メインキャラ4人のポップを主要各駅に立てて、入場券を販売したりしてて、近鉄奈良駅を利用したついでに、一枚買いつつ、ポップの置き具合を見てきたんですけど、改札から離れたなーんもないところにポツリと寂しげに立たされてました。
こういうのは愛がないのが丸見えで、やる気がないならやらない方がいいですよと。
作品にもタイアップする会社のほうにもデメリットしか生まれませんからね。


コメント

  1. 波美里 | URL | L8qX7C.g

    菜の花畑に看板置いた「輪廻のラグランジェ」を思い出させるコラボキャンペーンですなぁ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hekiunderseven.blog92.fc2.com/tb.php/674-2f8494c3
この記事へのトラックバック